412fpkftxal

発行元から

我が家にあひるがやってきた。知人から頼まれて飼うことになったあひるの名前は「のりたま」。娘のわたしは、2階の部屋にこもって資格試験の勉強をしている。あひるが来てから、近所の子どもたちが頻繁に遊びにくるようになった。喜んだ両親は子どもたちをのりたまと遊ばせるだけでなく、客間で宿題をさせたり、お菓子をふるまったりするようになる。しかし、のりたまが体調を崩し、動物病院へ運ばれていくと子どもたちはぱったりとこなくなってしまった。2週間後、帰ってきたのりたまは、なぜか以前よりも小さくなっていて……。なにげない日常に潜む違和感と不安をユーモラスに切り取った、著者の第二作品集。

今村夏子の本

星の子

星の子

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

今作もザワザワしっぱなしで一気読了。芥川賞獲るかな?

約3年前

2d1f0356 5dd5 4835 8219 936890c79c7bD46ed159 606e 4e18 a80f 863d702ef0faIcon user placeholder 198
文学ムック たべるのがおそい vol.3

文学ムック たべるのがおそい vol.3

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

今号で真っ先に読んだのは、セサル・アイラの『ピカソ』 牛乳瓶から出てきた妖精に「ピカソになるのとピカソを手に入れるのと、どちらにするか」と訊ねられていろいろ考えたあげく……というお話。面白い。どうにもならないことを考えて(妄想して)いるうちに1日があっという間に過ぎてしまうタイプの人はハマると思う。

約3年前

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cEc3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e01e83e0ed bc19 46c3 9ac4 081018c472aa 10
こちらあみ子

こちらあみ子

1ef91f4f bed0 4609 a65d f25b8021766c

todatori

英米児童文学で育って今はお話書い…

寝る前なのに一気に読んでしまった。この作者の視線はすべてを照らして影に隠したものまでさらけ出す。身につまされるところもあり、きつい。

約3年前

4fgwc 5t normalD517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb8E222eb06 5885 4ca5 a50d 691c8ec3893e 19