513r5zyf%2bol

寺の離れで「なんでも屋」を営む俺の叔父さん。家族には疎まれているが、高校生の俺は、そんな叔父さんが大好きだった。鬱々とした霧に覆われた町で、次々と発生する... 続き

コメント

叔父さんは、いい人なんですけどね。
主人公は、とても運が悪い人と言っています。しかし、運が悪いのは関わった人達ではないのかな?
守秘義務があるので本当の事は言えないので、誰にも知られてはいけないのです。笑
ちょっと変わった探偵モノ?サスペンス?推理小説?よくわかりません。流石「貴族探偵」の作者ですね。

その他のコメント

少年と青年の狭間に起きた事件。
その事件の鍵を握っているのは身近な人かも。。。

読者

76f7f5af 9c9a 4a22 85c2 e8a67e79ab60Icon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 3人

麻耶雄嵩の本

まほろ市の殺人 秋―闇雲A子と憂鬱刑事

まほろ市の殺人 秋―闇雲A子と憂鬱刑事

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2017/10/10読了 競作をうたいながらも、別の作者のまほろ市を舞台にした作品とは全然違ったので、自由度の高い設定だったのかな?とちょっと戸惑いながら読んだ。この話単体だけで判断するなら割と面白かったので、競作であると知らずに読んだ方が良かったな。ストーリーよりパズルやトリックに重きを置かれているので、好き嫌いは分かれそう。

10か月前

メルカトルと美袋のための殺人

メルカトルと美袋のための殺人

F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

風見鶏

好きなものを好きなように

メルカトル鮎。一言で言えばこの男はクズだと思います。 人間的にクズの最悪の探偵です。でも何故だか魅力的で、「こいつクズだな」と思っても読むのを止められない……そんな感じの探偵小説でした。 一編が短い短編集なので気負わずに読めますが、使われているトリック(?)は、えっ、それでいいの?と言いたくなるようなものばかり。クソミス大好きなわたしは大歓喜ですが一般的にはなんじゃこのトリックってなること間違いなしです。 でもメルカトルの手掛ける事件はそんなものです。本格ミステリーとして読むと肩透かしを食らいますが、これはそういう世界の話なのだと思うととても面白い。 実際に読んでいるうちにメルカトルたちがいる世界はこことは多分違う世界なのだと思えてきました。 メルカトルは例え幾ら財産があろうと顔がよかろうと何だろうと紛れもなくクズの部類ですが、所謂巻き込まれワトソン役の美袋もわりかしクズです。 でもなんか憎めないんだよな……。 16.01.29

1年前

鴉

E4a32fd1 0789 4ae4 b77c 1a3a602f4cd2

miwa

愛猫レオ/ゲイリー・オールドマン…

2016.03.22

2年前

2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7D6a96260 4374 4457 bdbc f362834a5e91