51%2biid%2btetl

塩断ちを機に次々と家族を襲った身も凍るほどの怪異、妖を呼び寄せる声をもった女中の奉公話、世にも奇妙な写本の話……人間の愚かさ、残酷さ、哀しみ、業――清濁す... 続き

コメント

第1期が完結しました。今回特に怖かったです。
私は、情を感じる「だんまり姫」が好きです。
おちかさん急過ぎます(笑)
「黒白の間」の雰囲気も第2期では、変わって行くのでしょうね。もう一度、第1期分読み直したいです。

その他のコメント

読者

Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b3767312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f154ca140 ac4a 4914 b19f bf93110b71dc61b1bb23 2307 42d2 b663 40b7040a10351c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef45dd9fbc0 a59e 49ac 887b 646fd19200c4Icon user placeholder 24人

宮部みゆきの本

希望荘

希望荘

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

外さないのが宮部みゆき。杉村三郎シリーズが中編で楽しめるのがうれしい。三部作を経て、いよいよ私立探偵になった杉村三郎。三部作はプロローグに過ぎなかった。物語はこの本から始まる。そして恐らく、杉村三郎も徐々に探偵になるのだろう。作者も、杉村三郎が好きなんだろうなというのが分かる一冊。

3か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder61b1bb23 2307 42d2 b663 40b7040a1035 10
お文の影

お文の影

1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25

あかねる

恋愛小説を読むと尻が痒くなるので…

時代小説短編集。内容は良い。安定の面白さ。ただ売り方がいかん。「ばんば憑き」をタイトル変えて文庫にしただけ。

4か月前