51%2biid%2btetl

塩断ちを機に次々と家族を襲った身も凍るほどの怪異、妖を呼び寄せる声をもった女中の奉公話、世にも奇妙な写本の話……人間の愚かさ、残酷さ、哀しみ、業――清濁す... 続き

コメント

第1期が完結しました。今回特に怖かったです。
私は、情を感じる「だんまり姫」が好きです。
おちかさん急過ぎます(笑)
「黒白の間」の雰囲気も第2期では、変わって行くのでしょうね。もう一度、第1期分読み直したいです。

その他のコメント

読者

220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef45dd9fbc0 a59e 49ac 887b 646fd19200c4Icon user placeholderE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bIcon user placeholderEdd4dd46 50d5 4ca7 a0bd 485a7e7e2e5715807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de279e4c3d 4f48 4384 87de 10f0379cd9fa 19人

宮部みゆきの本

スウェーデン館の謎

スウェーデン館の謎

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

その館には、海豹のような体格の絵本作家と、妻の美しいスウェーデン人女性が住んでいた。童話のように美しい風景の中、警察の後ろ楯のない火村先生が奮闘する。雪に覆われた地面。見当たらない犯人の足跡。折れた煙突。全ての謎が解けた後、「僕にまかせて」が、心に刺さる。

2か月前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdB13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72f0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b
過ぎ去りし王国の城

過ぎ去りし王国の城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

最後の方の50ページくらいを読みながら「これ、あとちょっとで全部片付くの?下巻あったっけ?!」と思う密度で、一気に進んでいきました。 最後に描かれるほんの少しの変化は、あまり描かれなかったラストシーンの城田にもほんの少しの変化をもたらしたんだろうか。

3か月前

Fff93dc7 343b 4d97 903d 5848a1b68e944c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Icon user placeholder 26