Btn appstore Btn googleplay
51gxovbqm2l

子供の頃、伯母から聞かされた恐怖譚-。月のない夜、奥多摩の霊山に建つ神官たちの屋敷を男女の客が訪れた。思いつめた二人は、神主の説得の甲斐もなく屋敷内で心中... 続き

コメント

古き時代、主に昭和の日本の風景に潜む隠し事の様な怪異譚7編。
実話系の怪談小説2冊の後に読んだので、改めて物語の力というものをとても強く感じた。
戦況が逼迫していた終戦間近の歩兵聯隊を描いた「遠別離」を今日この終戦の日に読んだというのはとても感慨深く、胸に詰まった。

読者

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dA46142dc caea 4959 a9f4 4fe1a878a9fb77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462bFe554b3c 3240 4570 bbc8 a0341c367fd7 4人

浅田次郎の本

パリわずらい 江戸わずらい

パリわずらい 江戸わずらい

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川

よろしくお願いします。

東京育ちの浅田次郎さんらしい軽妙な語り口のエッセイ。確かに2,000円札がご当地の都道府県の偉人が肖像だったら盛り上がっただろうなあ‥という気軽に気分転換にという一冊です。

4か月前

もうすぐ絶滅するという煙草について

もうすぐ絶滅するという煙草について

E78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eee

Mana

喫煙者の肩身がどんどん狭くなる昨今、改めて喫煙について考えてみようではありませんか。 煙草を喫むという行為には、その人なりの強いこだわりがあるようです。それを美学とするか、言い訳とするかで喫煙者と非喫煙者の争いが起きている気がしますが、大先生達が煙草を語ると「喫煙ってそんなに悪いことだっけ」という気持ちになるから不思議です。非喫煙化する社会への一言は、何だか世の中の真理が語られているようでした。 恐らく超・嫌煙家の人は、そもそもこういったテーマの本を手に取らないのではないかと思うと、なんだか損してるなと思います。

6か月前