51gxovbqm2l

発行元から

子供の頃、伯母から聞かされた恐怖譚-。月のない夜、奥多摩の霊山に建つ神官たちの屋敷を男女の客が訪れた。思いつめた二人は、神主の説得の甲斐もなく屋敷内で心中を図ったという。だが女は死に切れず、事切れた男の隣で苦しみながら生き続け…。著者の母方の生家に伝わる話を元にした「赤い絆」「お狐様の話」など、怖ろしくも美しい全7編。短編の名手が紡ぐ、味わい深き幽玄の世界。

浅田次郎の本

神坐す山の物語

神坐す山の物語

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

奥多摩の霊峰、御嶽山。山にはいにしえから神々がいるとされ、崇められている。実際に山を徘徊していると、古い祠があったり、参道と思しき道に出くわしたりすることは多い。『遠野物語』を意識したという、お伽話。

8か月前

E7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a351Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864
珍妃の井戸

珍妃の井戸

0a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb

cover maker

蟲師はいい話だと思う。

蒼穹の昴から続くシリーズで、こうも書き方や視点が変わると、雰囲気が変わるのかと驚かされました。芥川龍之介さんの『藪の中』風でありながら、浅田次郎さんの人間愛があふれる一冊です。 そして僕は『中原の虹』へと誘われるのであります。

8か月前

A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c7493ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aIcon user placeholder