51gxovbqm2l

発行元から

子供の頃、伯母から聞かされた恐怖譚-。月のない夜、奥多摩の霊山に建つ神官たちの屋敷を男女の客が訪れた。思いつめた二人は、神主の説得の甲斐もなく屋敷内で心中を図ったという。だが女は死に切れず、事切れた男の隣で苦しみながら生き続け…。著者の母方の生家に伝わる話を元にした「赤い絆」「お狐様の話」など、怖ろしくも美しい全7編。短編の名手が紡ぐ、味わい深き幽玄の世界。

浅田次郎の本

パリわずらい 江戸わずらい

パリわずらい 江戸わずらい

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川

よろしくお願いします。

東京育ちの浅田次郎さんらしい軽妙な語り口のエッセイ。確かに2,000円札がご当地の都道府県の偉人が肖像だったら盛り上がっただろうなあ‥という気軽に気分転換にという一冊です。

3か月前

もうすぐ絶滅するという煙草について

もうすぐ絶滅するという煙草について

E78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eee

Mana

喫煙者の肩身がどんどん狭くなる昨今、改めて喫煙について考えてみようではありませんか。 煙草を喫むという行為には、その人なりの強いこだわりがあるようです。それを美学とするか、言い訳とするかで喫煙者と非喫煙者の争いが起きている気がしますが、大先生達が煙草を語ると「喫煙ってそんなに悪いことだっけ」という気持ちになるから不思議です。非喫煙化する社会への一言は、何だか世の中の真理が語られているようでした。 恐らく超・嫌煙家の人は、そもそもこういったテーマの本を手に取らないのではないかと思うと、なんだか損してるなと思います。

5か月前