51hiktyuthl

コメント

本当に衝撃な物語(ほぼノン・フィクション)。本当にこんなに屈辱的で愚かしいことがまかり通っていたということが、その境遇に負けずに、勇気を持って生きた女性がいたことが驚きであり、多くの人に読んでほしい。
まだ根強く残る差別意識は今でも問題であって、時々ニュースになって目にするけれど、早くそういった諸問題が解決しますように。

読者

26ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccaeA010998d 8057 445f 99e9 2defeb8b630a2e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc59943c7e dc6a 4287 99e5 1982b19b25ad63c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cbCd6f55a9 ef9f 47f8 b518 336fe782107e8debe35b 7101 4e56 9ffe a2fc7f87b9340428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3 22人

文学

罪人が祈るとき

罪人が祈るとき

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

イジメの話は、虫酸が走るので読みたくなかった。心優しい人だけが傷つき、鈍感な者だけが笑ってるからだ。 この話も、正しくその展開だった。ただ、スポットを当てる場所が違っていた。 どんな理由があっても殺人はいけない事なのだろう。それは題名で「罪人」とされている事で表されている。しかしながら、自分に置き換えた時果たして正論が吐けるか? だが、罪は人を傷つける事に間違いはない。そして、祈るのはただただ、未来を祈る。

約10時間前

840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0428451f1 2605 4506 8bc7 9952ca7ab7c827975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41