51fea cuowl

ジミで目立たないイクタが、実は人の心を読めるとは!オガタは弟子入りを志願、みんなにもヒミツで修行をはじめる。なぜか図書委員のカタギリがマネージャーとして加... 続き

コメント

3/27

大阪弁で少しなれなかったけど、
話の内容は面白かった

読者

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778

新刊

悪魔の孤独と水銀糖の少女

悪魔の孤独と水銀糖の少女

2396ed95 6ecf 42ab 95c4 b82b7f27462c

いすゞ

色々読みます

愛すること、愛されること。そこにあるのはどうしようもなく死と孤独であり、苦しみであり己のエゴを貫く傲慢さだけだ。 ただ、そこにハッピーエンドがないとは限らないし、それは本物とか偽物とかでは計れない、確かなものである。 先ず、『毒吐姫と星の石』から7年半、という事実に目を疑った。7年半もの間、彼女のファンタジーは息を潜めていた。そりゃ寂しくもなる。 待望の新作に心踊らせながらも、時の流れやら考え方の変異やらばかり考えてしまい、「あの世界をもう一度」の願いが叶うのか、不安8割のままページを捲った。 彼女の世界が、そこにはあった。私の大好きだった、お伽噺。 きらきらしたことば、ここではない世界の言い回し。句読点の多く、語り部の息遣いと感嘆を感じさせる語り口。 プロローグのたった5ページで一気に記憶が、感性が、蘇った。私の求めていた世界が、ここでは変わらず鮮やかに息づいていた。 強い少女の物語だった。 復讐を誓い、力を求める少女。死霊術士の孫娘シュガーリア。幼く愛くるしい容姿。きらめくような金の髪。甘やかされ、愛され、たくさんの正の感情を向けられてきた彼女だからこそ与えられるものがある。愛されたゆえに与えられる孤独。幸せで、正しい、愛。からうまれる絶望。 彷徨う魂を集め、触媒に閉じ込める死霊術士。異端者として日々己等の知識と技術に研鑽を重ねる。ずっと探しているのだ。魂はどこへ行くのかを。 生きるとは何を指すのか。一体何が私たちを私たちたらしめるのか。 感染する死。諦めの連鎖。甘言。 俯瞰することの孤独。必要なのは私が私であること。 様々な思惑が長年に渡り絡み、たった数日で一気に解かれる。シュガーリアの意志の行く末。彼女が復讐と謳う行動原理は何であるのか。それははたして悪なのか? 彼女を取り巻く傲慢や愛は、人を、選ぶ。ラスト、読者が彼女に抱く思いは人それぞれに思うが、そのどれもを彼女は笑って受け入れるだろう。 そして、もうひとりの主人公である悪魔背負いの大罪人ヨクサル。孤独を力に変える悪魔の契約者。 愛されることへの嫌悪。戸惑い。優しさ。誤解を恐れずに言うと、この物語を通して彼は幸せを手にしたと私は思う。彼の出した答えがたとえ砂上の楼閣であっても、彼は一番大切なものを手に入れたはずだ。 これは世界の傲慢が産んだ物語だ。 傲慢はそれぞれ支配に、復讐に、そして愛情に昇華され、また新たな孤独を形作る。だがそれを恐れることは無い。 「自分が何者であるかは、自分を愛した人だけが決めてくれる」 その愛が、最期まで貴方を突き動かす。待っている孤独、そしてその先にあるのが貴方の結末であり、貴方の物語だ。

約5時間前

A8e4c36b 42de 4a59 8ca0 27d8d2a0ee8e15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cA39570b6 c8fb 4875 9eed 16b5e1780907
金曜日の本屋さん―夏とサイダー

金曜日の本屋さん―夏とサイダー

1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

金曜日の本屋さんシリーズの2作目。2作目だけあって、1作目を読んでないと分からない内容がいくつかありました。キャラの性格、人となりがセリフ1つから瞬時に伝わり、表紙の絵も上手くマッチしていてキャラクターが非常にイメージしやすいです。この本屋さんは、お客さんの悩みを聞きとって適した本を提供して解決する役割がありますが、話はそれだけでは終わりません。本屋さんのメンバー自身に関する過去の出来事も描かれており、それに関連した事件が起きる度に、ハラハラドキドキします。 4作で終わるようなので、4作目がどのように終わるのか楽しみにしています。

約5時間前

ダイヤのA act2(12)

ダイヤのA act2(12)

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

ここへきてなんだか冗長になったような感じがする。日米決戦はどうかなぁ。 本編がテンポ良く展開することを期待する。

約7時間前