313v0h27c7l

守り継ぐものがある、だから変化をおそれない。-創造のなかで"現代"と向き合い続ける家元が問う、伝統、いのち、個性。家元継承より十年、花をめぐる随想。作品カ... 続き

コメント

授業の関係で手に取りましたが、ものすごく読みやすくもっと華道に興味を持ちました。
”花はいけると、人になる”
冒頭に引用された草月流初代の書かれた花伝書も読みたくなりました。

読者

5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777

新刊

Besides, History:現代建築にとっての歴史

Besides, History:現代建築にとっての歴史

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372

michi

建築設計事務所勤務

僕はすべてのプロジェクトにおいて、柱やピロティ、バルコニーなどの建築要素に焦点を当てていますが、それは建築が人々や周辺環境と対話するためです。(長谷川豪)後半の対話が一番興味深かったです。

約1時間前