41 0uynqrvl

すべての大人の夜に 真夜中が、寂しくてよかった。 なにかに悩んだり、なぜか眠れない一人の夜、ふと読みたくなる一冊。 どんなに好きなものも、愛している... 続き

コメント

タイトルに惹かれて読んだけど、
途中で読むのをやめた。

私には必要無い内容。

2018.1

その他のコメント

心にぐさりときたり、あぁそうだよなぁと納得したり、すごく素敵な本だった。何度も読み返して、自分の中に取り込みたい。

悔しい。
読了後、真っ先に抱いた感想である。
ここまで自分の思想や価値観を真っ直ぐに屈託無く表現できるその文才。
こんな人物が本当に新宿にいるのか?信じられない。

確信した言葉がある。

「憧れは、傷つきたくない距離だ。好意は、傷ついてもいいという覚悟だ。」

第1節にこの言葉を認め、この本を買うと決めた。この感覚を持つ人が綴る本ならばその価値は確かだと思ったからだ。
F氏に会ってみたいと思い、同時に絶対に会いたくないとも思い、表現のその術と力に掻き乱された。
F氏に憧れ、そして素直に嫉妬してしまったわけである。悔しい。本当に悔しい。そして羨ましい。
だから自分が嫉妬される人間になるまで、私は黙って手と足と頭を動かしてやろうと思う。
貴方が信じ言葉に落としたその方法で、香り立つような色気を纏い美しくて愛される悪い女になってやろうと思う。
悔しい。だからこそ、私なりの宣戦布告である。
いい教科書に出逢えた。
絶対に超えてやる。

読者

1e80f26e 82b1 4c26 9224 d05d63c6afadB1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf2767553d8f16 6dc4 4a4b 8f67 16cad9ed8348Icon user placeholder8d6aaa08 e74d 46e8 97c8 191412be9788A1d78728 ca01 4568 ba3b b969b6dd4ea77f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fDd187198 2c08 488b a140 2adfacafea8e 161人

Fの本