419the5vprl

コメント

あの時「うん」と言ったけれど、本当は頭の中で、別にそうでもないこととか、それ以外のこととか色んな情報が飛び交ったような、そんないつかは記憶からこぼれおちてしまうような細かくて自然で、でも江國さんのお話6話。最近、少し歳をとったのか、考えたこともなかった、高校生をもう一度したい願望がよく頭をよぎる。

柚ちゃんがいい。柚ちゃんが不幸なママになりませんように。

私を幸せにしてくれたのはフラニーとあなただけ。
だから私を悲しくさせられるのも、フラニーとあなただけ。

しびれる

読者

3460025e e2b0 4b61 8233 ad371a2ad4f0F31e36dc 4ce3 4735 975c cd4212413c64Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9Bd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98D3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a 16人

江國香織の本

彼女たちの場合は

彼女たちの場合は

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

アメリカを見てみたい そう言って旅に出られたらどんなに素敵なことだろう、大好きな従姉と一緒に。もちろん安全は保証されていないし、なにが起こるかわからない、広大なアメリカという国を、文字を通して一緒に見に行けた、そんな一冊。

16日前

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67
100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

6ff03753 6671 4827 90eb 1c2c21195639

chiii

2019/5月から、Twitte…

「100万回生きたねこ」、読んだことありますか?これは、13名の作家さんが絵本「100万回生きたねこ」へ、作者の佐野洋子先生へ、愛を込めて書いた短編小説集です。 ふと、子供の頃国語の先生に愛と憎しみは一直線上にあるとしたら、対極じゃなくて、隣通しなんだと教わったことを思い出した。生と死もそうかもそれない。時間という線があるとしたら、生まれてから対極の死に向かって生きてるような気がしていたけど、私たちの魂は生と死の狭間で揺れ動きながら、時間のループの中をずっと走っている。どこに辿り着くかもわからないのに。まぁ、生まれ変わってまだ8万回目だから、あと92万回生まれ変わったらわかるかなぁ〜。 (ちょっとでも本の感想を書けばネタバレしそうな気がしたので、絵本も含めて読んで行き着いた自分の考えを少し書きました。お気に入りは、角田光代先生の「おかあさんのところにやってきた猫」) 2019/6読み終え**

約1か月前

3097db1a b12b 4f5f 9ef0 21799ca65b21D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb85a4b8da4 c3df 4636 870c e4999d538415 11