51jokvjzzgl

金や時間など何かが足りないと思った瞬間、あなたの認知能力は落ちている。欠乏が欠乏を生むメカニズムを精査し、従来の行動経済学の常識さえ塗り替える、天才研究者... 続き

コメント

よくあるノウハウ系のビジネス書のようなタイトルだが、れっきとした行動経済学の本である。「欠乏」状態は集中を生むが、それと同じくして認知への負荷も与える。それが次なる欠乏を生みだし、スパイラルは回っていく。という問題の原因と打開策に取り組んだ一冊。

結論の1つは、常にスケジュールは8分目までに抑えるべし。

例えば、スーツケースに荷物を詰めるとき、ぎゅうぎゅうに詰めて何とか必要なものが全ておさまったとする。

それが出発直前になって、入れ忘れたものがあることに気づく。でも、スーツケースにはもはや余地はない。

すでに詰め終えた荷物のどれかとトレードするか、諦めるかの選択を迫られ、少し残念な気持ちになる。

時間にも同じことがいえる。一日にめいっぱいのタスクを詰め込むと、まったく余裕がなくなるので、予定外の何か新しいことを始めようとするたびに悩むことになる。

余裕があれば、予定していたことをすべてこなしたうえで、さらに新たに発生したことにも着手できるので、トータルの満足度が格段にアップする。

とはいえ、下手に余裕があるばかりに余計なことをしてしまうということもまたある。むしろ忙しいときのほうが考える間もなく短い時間で仕事をどんどん片づけることができるので、余裕がないほうがいいのではないかとも思える。

果たしてどちらがいいのか? このあたりを考えながら本書を読むと自分にとっての最適解が得られる。

過去の行動経済学関連の、一つの良き総括本とも言える一冊かもしれませんね。時間や経済状況などの不足状態が、如何に思考や行動、選択の質を減じてしまうか。同じ条件下でも、個々人の解釈で如何にパフォーマンスが変わってくるか。自分でも心当たりのある事多し。

読者

Icon user placeholder3781c296 de33 46b2 998d ee8b34efb4b77b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4C15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c22a3746a1 15dd 4d38 a5ff 8f45d7e9568667f7a2b2 3359 43b5 b3df ff5061b04740923d85d8 e29e 4f1c b473 cdc8a2599f7472683f41 6d7d 44ea a18f 5b1dac3d9663 9人

ビジネス

チャートでよくわかる質問型営業

チャートでよくわかる質問型営業

Deb28d02 e0c3 4061 95ec 1b18a196d40a

たつてん!

よろしくお願いします^_^

【学び】 ①感謝と謙虚さを持って質問をし、お役立ちに迫る ②過去を質問し共感する事で親友の様な関係になる ③トークスクリプトを作成し動画を撮り練習する 【アクション】 ①相手の背景を想像する事で感謝の気持ちを持つ (今は忙しいだろう、ツラい事もあったのだろう) ②過去の質問を用意して深掘りする (高校の時の部活は?なぜ?例えば?…) ③スマホで動画を撮って練習する

約10時間前

ビジネスで勝つネットゲリラ戦術詳説

ビジネスで勝つネットゲリラ戦術詳説

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

ネットで評判の「えらいてんちょう」さんの本。 個人でできるゲリラ戦の時代。 ルールが変わり、特定のジャンルか特化した個人が勝てる時代が来たよ!というお話。 さまざまな形の『贈与』を駆使することで、味方を増やしていくテクニックは面白かった。

1日前

世界の美しい庭園図鑑

世界の美しい庭園図鑑

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

実際に見てみないと様式の違いや壮大さはなかなか分からないなということがわかった。 1人ひとりの考え方が影響し会って、国の文化が築き上げられて行く。その国の庭園を知ることがその国の人を理解しようとする一つのきっかけにもなり得るのだなと思った。

3日前