51jokvjzzgl

金や時間など何かが足りないと思った瞬間、あなたの認知能力は落ちている。欠乏が欠乏を生むメカニズムを精査し、従来の行動経済学の常識さえ塗り替える、天才研究者... 続き

コメント

結論の1つは、常にスケジュールは8分目までに抑えるべし。

例えば、スーツケースに荷物を詰めるとき、ぎゅうぎゅうに詰めて何とか必要なものが全ておさまったとする。

それが出発直前になって、入れ忘れたものがあることに気づく。でも、スーツケースにはもはや余地はない。

すでに詰め終えた荷物のどれかとトレードするか、諦めるかの選択を迫られ、少し残念な気持ちになる。

時間にも同じことがいえる。一日にめいっぱいのタスクを詰め込むと、まったく余裕がなくなるので、予定外の何か新しいことを始めようとするたびに悩むことになる。

余裕があれば、予定していたことをすべてこなしたうえで、さらに新たに発生したことにも着手できるので、トータルの満足度が格段にアップする。

とはいえ、下手に余裕があるばかりに余計なことをしてしまうということもまたある。むしろ忙しいときのほうが考える間もなく短い時間で仕事をどんどん片づけることができるので、余裕がないほうがいいのではないかとも思える。

果たしてどちらがいいのか? このあたりを考えながら本書を読むと自分にとっての最適解が得られる。

その他のコメント

よくあるノウハウ系のビジネス書のようなタイトルだが、れっきとした行動経済学の本である。「欠乏」状態は集中を生むが、それと同じくして認知への負荷も与える。それが次なる欠乏を生みだし、スパイラルは回っていく。という問題の原因と打開策に取り組んだ一冊。

過去の行動経済学関連の、一つの良き総括本とも言える一冊かもしれませんね。時間や経済状況などの不足状態が、如何に思考や行動、選択の質を減じてしまうか。同じ条件下でも、個々人の解釈で如何にパフォーマンスが変わってくるか。自分でも心当たりのある事多し。

読者

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4C15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c22a3746a1 15dd 4d38 a5ff 8f45d7e9568667f7a2b2 3359 43b5 b3df ff5061b04740923d85d8 e29e 4f1c b473 cdc8a2599f7472683f41 6d7d 44ea a18f 5b1dac3d96639af1c933 3068 4493 8e14 f48f46aa5bfe 7人

ビジネス

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング

798e985e 759d 4cc5 9229 d6ff9a995733

ぺく

大学生です。

読書術の本。 読むのは2回目だけど、時間を置いたのと、樺沢さんの本を読んでから読んだということもあって、スーッと読めた。 【読書によって】 やり方の試行錯誤に時間や労力を使うのではなく、結果を出すために使うことができる。 おなじテーマについて5冊ほど読めば、自分なりの原理原則が見えてくる。 大量の情報を取り入れつつ、主体的に取捨選択する。→判断力、思考力up 【選び方】 目的を持って やさしい本 理論より経験(がわかりやすい) 同じジャンルの本を複数 口コミとかメルマガもある。 迷ったら買う。 【読み方】 目的を明確化→カラーバス効果(ボルボに乗るようになった途端、街行くボルボが目に入るようになる)つまり、意識すれば、その情報に目が止まりやすい。 習慣に組み込む、 朝がオススメ←その日に実践できる。寝る前だと脳が興奮する。 制限時間を設ける(1時間程度) 重要ポイントは一冊のうち2割 80対20の法則(リターンの80%は20パーセントを読めば得られる。) 一冊を俯瞰する(著者、、本の袖、前書き、目次、あとがき) 【メモを作る】 メモを作り、それを刷り込み、実践して、自分なりにアレンジしていく。洗練 線を引く とても重要なとこには⭐️マーク ページの角を折っておくこと! 余白に書き込む。(自分だったらどうするかをシミュレーション) 線を引いた場所をメモにまとめていく。 メモを繰り返し読む。→自分に馴染む メモを作れば本はお茶の葉、処分する。 エッセンスを搾り取る。 きれいなままで数ヶ月後に忘れてしまうより、線を引いたり折ったり、書き込んだりして、自分の中に落とし込んでいく方が良い。 知ってるとできるには大きな溝がある。それを埋めるのが経験。 メモから得られる知識を実践することが大事。そうして条件反射的にできるようになる。

約13時間前

B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf2767Icon user placeholder8d6aaa08 e74d 46e8 97c8 191412be9788 101
世界の仕組みを物理学で知る

世界の仕組みを物理学で知る

C5fbd4c8 2e88 4b15 9411 a45874df54af

TOMO

Book

分かりやすく物理学を説明した本。 最後の、ジョン・ホイーラーの「人間が宇宙を観測したから、この宇宙が存在できるようになった」のコメントが印象的。 観測/記録、が存在を示す、思考を示す唯一の手段だとするとたしかに。 存在し、観測したからこそ、この世界のなんたるかがわかる。観測し、記録をしない場合、存在しなかったことと同じにもなるし、その思考自体に意味は無かったとも思える。 文字や建築、催事のモニュメントなどが発見されることで、古代文明の存在がわかるように。 場所:蔦屋代官山

約14時間前

D7d9adda c138 4845 8642 18b84c8adae20970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a