512hxe2qdyl

ありがとう、さようなら。いつかまた、逢えるといいね――青春、永遠! 大志はあれど、経験は足りず。だけど、未来を決めないと――。濃厚な津軽弁と饒舌な三味線を... 続き

コメント

相変わらず引き込まれてしまうキャラクター。新しい門出に、これまでの全てが返ってくる感じが、送り出す親のような気持ちになる。人の意思や思い出は、繋がっていく。

読者

0b1940e1 27ce 42fd 90a1 3038f130f6d784894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

越谷オサムの本

魔法使いと副店長

魔法使いと副店長

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

軽いハートフルなお話しだと思って読み始めたんだけど。ダークな底があって。子を持つ親としてウルウルしました。 「陽だまりの彼女」もこんな空気感なのかなぁ。映画しか見なかった⤵︎読んでみょかな

2年前

金曜のバカ

金曜のバカ

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

何かに夢中になって、周りが見えなくなっている人って、どこか憎めないし面白い。

約4年前

801b729b bcd2 4b37 b551 347358baccc4A1e991ac 09c1 47ee 9820 784f161ca292538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850f 30
いとみち

いとみち

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

超絶ヘタレな津軽少女が、不器用ながらも人と関わっていくことで、深く人と関わるという当たり前のことの大事さを感じる。

約4年前

Icon user placeholder08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ecEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 8