51ogcmm9kzl

相馬いと。青森の高校に通う十六歳。人見知りを直すため、思い切ってはじめたアルバイトは、なんとメイドカフェ。津軽訛りのせいで挨拶も上手に言えず、ドジばかりの... 続き

コメント

超絶ヘタレな津軽少女が、不器用ながらも人と関わっていくことで、深く人と関わるという当たり前のことの大事さを感じる。

読者

Icon user placeholder4ec31c00 de3c 46bd a047 3ddfdf3fc90284894365 9625 46eb 850f 37b16a57752638b402f6 b97b 4604 bb72 36e782b286ca4527a25d 1d47 40b1 aec5 86cceb8515e7 5人

越谷オサムの本

魔法使いと副店長

魔法使いと副店長

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

軽いハートフルなお話しだと思って読み始めたんだけど。ダークな底があって。子を持つ親としてウルウルしました。 「陽だまりの彼女」もこんな空気感なのかなぁ。映画しか見なかった⤵︎読んでみょかな

1年前

いとみち 三の糸

いとみち 三の糸

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

相変わらず引き込まれてしまうキャラクター。新しい門出に、これまでの全てが返ってくる感じが、送り出す親のような気持ちになる。人の意思や思い出は、繋がっていく。

1年前

金曜のバカ

金曜のバカ

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

何かに夢中になって、周りが見えなくなっている人って、どこか憎めないし面白い。

約3年前

F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca2e2c6a29 0acf 4467 bef5 4f072ce826a39a08bef2 cd80 490d 9715 7ce203a7f409 24