Btn appstore Btn googleplay
51we%2bx9q11l

ぼく。彼女。島。謎。心を穿つ青春ミステリ。11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女、真辺由宇。あるはずのな... 続き

コメント

階段島シリーズ一作目。

悲観主義者の主人公と、理想主義者のヒロインは、互いを大切に思うあまりにすれ違う。

大切なものを失った人間だけが集められる階段島は、村上春樹的な中有の世界なのかな?
島を支配する魔女の存在が気になる。

理想主義者は、成長するに従って、自らの掲げる理想そのものによって傷つけられていく。なので、あちら側の二人の選択は、現実的な最適解だと思うのだ。

それだけに、本編での主人公の選択は、自分だけの理想を、ヒロインに押し付けてる気がしないでもない。もっも、二人で話し合った方が良いのでは??

とはいえ、終盤のタイトル回収は、綺麗に決まっていい感じ。続編で二人の関係性が、どう変わっていくのかが気になる。

シリーズ完結しているみたいなので、サクサク読んでしまうつもり。映画化も決まってみたいなので楽しみですね。

その他のコメント

「階段島」シリーズの第一作。階段島という閉鎖空間で起こる事件とも言い難いような小さな問題を、ヒロインの真辺が主人公の七草を引っ張って解決しようとする話。ひたすら穏やかで、ミステリ感は薄い。また、話の起伏も少なく、情緒的な文章で主人公の見聞きしたことや感じたことを淡々と描いているお話のため、読んでいても強いカタルシスや強烈な衝撃などは得られないだろう。ただ、読み上げたときにじんわりと染み込むようなよく分からない感動が起こって、ものすごく穏やかな気持ちになれる。『いなくなれ、群青』というタイトルに魅力を見出す感性を持っているなら、読んで損はしないと思う。また、この手の話はエンタメ系のレーベルではかなり珍しいので、これのヒットをきっかけにもっとこういう小説が増えたら個人的にはとても嬉しい。

ミステリ感よりファンタジ感の方が強いかった。先の展開が気になります。

読者

F3979238 429c 452e 8a30 d2a9f18fb6d4Icon user placeholder5f4741db d474 4771 8211 03de2a3c7a0aIcon user placeholderMqweidl6 normal0c952269 28a2 420d 81a6 620fbacd0e9aIcon user placeholderAc1bad98 2123 47e7 a49d 2dbda2c5c679 140人

河野裕の本

きみの世界に、青が鳴る

きみの世界に、青が鳴る

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

階段島シリーズ最終巻。物語として、前半3部が圧倒的でした。後半は魔法やら何やらちょっと難しい感じがしました。もっと、ストレートな表現で簡潔にまとめたら、ある種の名作になったのではないでしょうか。ただ、テーマとして簡潔に書けないですよね。作者の苦労を感じます。

1年前

Icon user placeholderF4ca47e6 4be3 4a65 934a 9aa505560dabIcon user placeholder 12
夜空の呪いに色はない

夜空の呪いに色はない

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

階段島シリーズ第5弾。いろいろなトラウマや人生が凝縮されて、展開されました。みんなが幸せになると良いな、と思う。すてきな魔法があると良いなー。

2年前

Icon user placeholderF4ca47e6 4be3 4a65 934a 9aa505560dabIcon user placeholder 24
最良の嘘の最後のひと言

最良の嘘の最後のひと言

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

階段島シリーズが好きなので、購入しました。期待して読んだのですが、、、正直期待ハズれでした。騙し合いの騙し合い小説は、何がなんだかわからないし、騙し合いの騙し合いって、読んでてそんなに面白くない。うーん、残念な感じです。

3年前

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a0962eec5fc e3b0 4557 9a2d a5785cccb4c4Icon user placeholder 8