31rwf9ow1cl

星野源、エッセイ最新刊! 星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載をスタートした、エッセイ「いのちの車窓から」に、書き下ろしを加えて単... 続き

コメント

親しみやすさがあって読みやすい。
君なら出来ると、背中を推してくれる。そんな気がする本。
「いつだって、世界を彩るのは、個人の趣味と、好きという気持ちだ」
最高の言葉。

その他のコメント

源さんの書く文章が好きだ。
本が出るたびに毎回言っているけど。

特に文体が独特なワケではなくて。

源さんの目から見て、
心で感じたであろう「日常」の切り取り方が好きだ。

メタルギアの話など、
自分とも共通する趣味の話や考え方があり、
勝手に親近感がわく。

僕は自分で何も生み出せないけれど、
源さんみたいに世の中を「スゴい」「おもしろい」と楽しむことはできる。

これからも源さんという列車の車窓からの風景を楽しみたい。

星野源、知るほどに、どんどん好きになっちゃうじゃないか。かわいい、なんてかわいい人なんだ、芝犬が好きとか…。普通の感覚を意識的に大事にし、ニュートラルを保っているところが好印象。

読者

F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b02b3299e3 3f9d 4812 a9c9 d0a1a71dc7ec0fdb4117 4db0 4540 8bc8 a7766ac43251Icon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c982e6041a 95ff 476e 923a e1444d3e5e156e600628 6069 4671 8d97 275ffb9f998f0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76 86人

星野源の本

働く男

働く男

3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b

takeshi

ウクレレ、NY、ハワイ、北欧、カ…

文章がリズミカルで痛いところを突きつつ笑えていい本です。星野源、笑顔もかわいい。

約2年前

F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b049dff1b6 4b02 4925 bda0 8cd014519c600fdb4117 4db0 4540 8bc8 a7766ac43251 93