51msbr4ejil

コメント

モリッシーの本質は、歌詞にあるというが、それをイギリス社会論と合わせて語ると、モリッシーが何を言いたかったのかが浮かび上がってくる。音楽書でもあり、イギリス社会論でもある一冊。

その他のコメント

陰鬱な青年が、一貫して誰よりも反骨の人であることが分かる一冊。あとがきもよい。

読者

C25e4b67 738c 4143 a02f 43951068dbcfBede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c6183fc246b a0c3 4e99 aad3 3b4be506060b9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbfC650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f4A8b2322f 4699 430e 8ad9 825f73982c0fD12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea 8人

ブレイディみかこの本

51pbmpliphl
A8b2322f 4699 430e 8ad9 825f73982c0f

ino

Webサービスエンジニア

英国ブライトンの託児所で働きながら本を出すブレイディみかこさんの新作。その職場となっている託児所についての文章がまとめられてます。失業支援センターの中の託児所で、集まる子どもは非常にヘビーな家庭ばかりですが、たまに明るくなるような場面もあり。またブロークン・ブリテンと呼ばれる英国社会政策の問題と難しさについても考えさせられる本です。

2か月前

C3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af9124c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d63539a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff
51fnzscdlfl
A8b2322f 4699 430e 8ad9 825f73982c0f

ino

Webサービスエンジニア

イギリス在住の保育士、音楽ライターでもある著者が、ヨーロッパ政治についてレポートするコラム集。イギリスのEU離脱、ISテロ、失職と格差など、激しく揺れる西欧各国の動きを伝えています。

7か月前

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c211950a6b adf5 40b1 85d9 82cd5c0201faA365d493 3156 47d6 a808 50bed03c2682
516ov0igk4l
8f81a913 bd5a 406d 9e24 50bd171b204c

Takatoshi Hirayama

世田谷在住

貧困と保育と人権の問題。日本と英国の違い。ここまで深刻なのかと。最後のカトウさんの話が光なんだけど、そこで泣いた僕は実は一番現実を見れてないのではないか、という気もして悶々としてしまう。「日本では権利と義務はセットとして考えられていて、国民は義務を果たしてこそ権利を得るのだということになっています」本書ヨリ。

11か月前

416tzreeuyl
Fb927585 9356 4c57 8f9f 9336ec1e62d7

tumlr

忙しい日々からスローダウン中

底辺託児所で働く著者の、『クソのような逆境をクソと罵りながら逞しく生き抜く』人々を描いた一冊。いかにもな感動的な物語よりも、最高に元気をもらえた。ぜひ読んでもらいたい一冊。

11か月前