518kvr9yftl

コメント

悲しい。映像化された「ムード・インディゴ」もおすすめです。
余談ですが作者のボリス・ヴィアンはジャズトランペッターなので作中にエリントンとか出てくるのがツボった。笑

悲痛なラブストーリーだと思って読み始めだけど「労働はクソ!!!でも金がないやつには人権ねえから!!!」みたいな話だった。好き。

奇妙奇天烈。「幻想的」という言葉の範疇を超えている。薬物感がすごい。とてつもなく視覚的なのにどうしたって視覚的に思い描けない。これぞ小説の本領発揮だ、という感じだ。

儚さについて。
ところどころに散りばめられたファンタジーが魅力的。

読者

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63Icon user placeholder9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2 10人

文庫

ヒトのオスは飼わないの?

ヒトのオスは飼わないの?

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810

くろ

ミステリー小説、特に海外作品が好…

米原さんの愛したペットのビリ、チビリ、無理、道理、ゲン、ターニャ、ソーニャ、ノラ等々のエピソードが面白おかしく、時にはせつなくさせるいつもの米原節炸裂です。 現代のペット観からしたらちょっとズレを感じる部分もあるけど、米原さんの家族(動物?)愛を感じながら、動物と暮らしたくなるけど、(責任を考えて)諦める、という考えをグルグルつい繰り返してしまいます。

約16時間前

1f348651 4825 41ad 9c8a 3b622c56bc24901c354a e7a4 4def b175 313c30679550