518kvr9yftl

コメント

悲しい。映像化された「ムード・インディゴ」もおすすめです。
余談ですが作者のボリス・ヴィアンはジャズトランペッターなので作中にエリントンとか出てくるのがツボった。笑

悲痛なラブストーリーだと思って読み始めだけど「労働はクソ!!!でも金がないやつには人権ねえから!!!」みたいな話だった。好き。

奇妙奇天烈。「幻想的」という言葉の範疇を超えている。薬物感がすごい。とてつもなく視覚的なのにどうしたって視覚的に思い描けない。これぞ小説の本領発揮だ、という感じだ。

儚さについて。
ところどころに散りばめられたファンタジーが魅力的。

1箇所だけすごく好きなところがあった

読者

Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63Icon user placeholder9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d259b69345 fd38 4c60 9112 b8f1b167579e 9人

文庫

奇譚草子

奇譚草子

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

古くは『日本霊異記』や『今昔物語集』、はたまた『百物語』『耳襄』に匹敵する不思議で怖い出来事を集めたのが本書『奇譚草子』である。一本多い手の話、手に映ったサムライの顔の話、何度も雪に埋めた死体の話、逆さ悟空…等々、現代に伝わる怪異な話の数々を収録。夢枕ファン、待望の一冊が遂に復刊。

約5時間前

ツナグ

ツナグ

0a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb

cover maker

蟲師はいい話だと思う。

辻村さんの作品の中には、あたかも元からそこに存在してるかのようなリアリティを伴ったルールが出てくる。その、ルールがご都合主義じゃないところがニクい。

約9時間前

Icon user placeholderCb317a5a c468 414e b042 c688dbc06e7605d430ff 19f3 48d5 b48f 916aceaed080 139