41f4kpt8mhl

他人の目を気にして、びくびくと生きている百合は、単純なミスがきっかけで会社をやめてしまう。発作的に旅立った離島のホテルで出会ったのはノーデリカシーなバーテ... 続き

コメント

あるところは私で、あるところは私に限りなく近かった。捻くれていて、天邪鬼で、めんどうな私だけど、いつかこうやって救われる日が来るといい。そんな風に思わせてくれる西さんは、近くて、偉大だ。

”自分で不幸になれるんやったら、自分でも幸せになれるんだ。”(巻末対談)

みんなそれぞれ過去や弱さを持ってるし葛藤し続けないといけない。自分からは逃げられないし、終わりはない。だからこそ、解決、というラストではなく、少しだけわかったという感じが、すごく心地いい。

主人公は言いようのない感情に苦しむ。それを読む私は、そんな感情は誰もが持つものなんだと少し安心する。でもやっぱり苦しい。

霧が晴れるきっかけは、おもいがけない瞬間だったりして、最後は一緒に救われた気がした。

主人公に自己投影と同族嫌悪しちゃって前半は重かった。読み進めるうちに軽くなって、最後はとても安心した。所々に線を引きたい一文が差し込まれてる。本当、この方の本は私のバイブルだ。

なんとなく手に取った本だったけれど、出会えてよかった。
読み終えた後、心の荷が降りた気がした。

「人の目」を気にする必要があるのか。
私は
「人の目を気にするのと"同じ目"で私も人を見ている」
って思うようになってから、
あんまり深く思い煩うことは無くなった。でも、やっぱりたまに苦しくなる。
また、苦しくなったら、もう一度読んで坂崎とマティアスに癒されよう。

ただそのままそこにあって美しくいることが、いかに尊いことか思い知らされる。
自分の信じるままに美しく生きたい。

自意識やコンプレックスに押し潰されそうな主人公の語りに、うーお腹いっぱいっと言いたくなるくらい、序盤は読んでいて苦しくなります。
しかし最後まで読むと、自分が思うよりも世界は優しく美しいのかもしれないと感じられる作品です。

きっと、誰でも一度は思い悩んだことがあるはず、というテーマで読めば読むほど共感できて一気に読みきりました。自分にとっての"うつくしさ"はどこにあるのか?その基準に縛られてることに気づかされるような本でした。

何かを置いていける場所。
かたちあるモノでも、心の奥底にある得体の知れない感情でも
「ここに置いてっちゃいなよ」
そういう気楽さが人を救うんだなぁ。

関西弁の登場しない西さんの本は新鮮。

西さんがすごく悩んでいたときに書いたものとのこと。
どうりで主人公の苦悩がひしひしと伝わってくるわけだ。

他者から見られる自分ばかり意識して、本当の自分が何なのかわからなくなってしまうっていう気持ち、とっても分かる。
主人公が旅先で出会った人たちのおかげで自分の内側に気づきを得て、気持ちが軽くなってゆく様子は読んでいて心地よかった。

ひとはやっぱりひとと関わってゆくからこそ成長していくんだな。

2017.10.26
自分探しの旅なのか、自分忘れの旅なのか、いずれにせよ自意識過剰な人間には、ぶっきらぼうな人間に目覚めさせられるんかな。

私は誰かの美しい人だ。私が誰かを、美しいと思っている限り。

作者の葛藤と苦悩がそのままに書き込まれた、解けない苦しさの残る物語。

汚れた世間の頼りない足下で必死に生きるひと、
うつくしい世界の中に独り哀しく生きる人、
それぞれが持っている苦しさの澱は確実に、日々、厚みを増す。

掻き出したい、流し出さなきゃと、すがる思いで出る旅を、人生の一シーンとして、過程として、描いてる。

過程それ自体のうつくしさを慈しんで生きていきたいと思った。

西さんの言葉、ほんとにやさしい。

悩んでいるのはあなただけじゃないんだよ、と語りかけてくれているようでした。
ギューっと苦しく重たい前半から ゆっくりゆっくり前に進んでいく感じがとても良かったです。
心が疲れてしまった時に読み返したいなぁと思う本です。

自分が何か分からなくなったときに読むのをお勧めします

私は就活始まる頃に読み、救われました

まるで自分のことのようで、最初は読んでてしんどかったー。
でも、だからこそ、最後は自分も救われました。

作者の心理状況が読むほど表れてきて、自分もそれに共感していく。
自然に気持ち良く読み進められた。休日に読みたい本

主人公と自分の気持ちが重なり、結構「重い」と感じました。が、最後まで読んでちょっと背中押された気分です。

読者

7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fFbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21eaF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7971e4ee0ab a97f 4c59 b552 9fb7a5259895C391ee8e 4de3 4dcc bea6 83ce85bba15f 82人

西加奈子の本

うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

約2か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6 16
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

5か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eEf3755db 66f1 4464 b596 09af95625a9f 15
おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

11か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d289e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eE17fdca3 bb9a 4b79 a84b b5f397b43df7 68
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

11か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d27996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84907e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619