41xe103ex5l

コメント

夏目漱石の『坊つちゃん』の中で、赤シャツの策略でマドンナと破談になり、延岡に飛ばされてしまった不遇の人、「うらなり」こと古賀先生。その後の人生を「うらなり」の視点から描いた小説。
「坊つちゃん」ではなく、「うらなり」の視点からという発想も面白いが、物語としても楽しく読めた。原作をきちんと踏まえているので、夏目漱石ファンも楽しめると思う。

読者

Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

小林信彦の本

おかしな男 渥美清

おかしな男 渥美清

4d46ba63 1c1c 46b0 9c59 0d4cf4dee2f8

Katsuhiko Moroi

乱読家です

子供の頃は、近所のおばさんに映画館で任侠映画ばかり見せられていた。したがい昭和48年の正月、中一の時に立川で見た「男はつらいよ 寅次郎夢枕」(第10作)と同時上映のドリフターズの映画は良く覚えている。映画館は大爆笑の渦。今、思えば大したギャグではない。「おい、さくら、そこのミドリ取ってくれ」。これだけでも場内大爆笑である。日本人が車寅次郎に洗脳されていたのかもしれない。 で、本書は渥美清という人間を描いたノンフィクションの傑作。作家の小林信彦さんは20代の頃から渥美清と親交があった。「夢で会いましょい」の頃だ。初めて渥美清が小林さんに挨拶した言葉が「金が欲しいねぇ」。そして「アベベは純情な青年なんだねぇ」「戦争は起こるかねぇ」と続く。このつかみの良さからハマってしまい、ほぼ一気読みだった。 「彼は複雑な人物で、さまざまな矛盾を抱え込んでいた。無邪気さと計算高さ。強烈な上昇志向と自信。人間に対して幻想を持たない諦めと、にもかかわらず、人生にある種の夢を持つこと。肉体への暗い不安と猜疑心。非情なまでの現実主義。極端な秘密主義と、誰かに本音を熱く語りたい気持ち。ストイシズム、独特の繊細さ、神経質さをも含めて、この本の中には、ぼくが記憶する彼のほぼ全てを書いたつもりだ」。車寅次郎とは全く違う渥美清が450ページの厚めの文庫本に描かれる。 本書で「男はつらいよ」が登場するのは、後半以降。前半はテレビ創成期の頃の作家と渥美清との交流、当時の俳優やコメディアンと渥美清の関係が中心に描かれる。小林さん自身が「記憶力には自信がある」と書かれている通り、その描写には真実味がある。伴淳三郎、植木等、フランキー堺、ハナ肇、などなど、昭和のコメディアンが続々と登場する。 中盤に「男はつらいよ」の詳細な評論があるが、これも楽しい。ただ、渥美清が45作目以降、病魔におかされながら寅さんを演じる様子は痛々しい。個人的には初期の方が好きだ。 個人的ベスト3は「第1作」、長山藍子がマドンナの「望郷篇」、榊原るみの「奮闘篇」。渥美清ファンは必読の★★★★★。

約1年前

おかしな男 渥美清

おかしな男 渥美清

82601801 ea3f 44cc 87ab f777bbe715d0

Ryuka

美しい物が好き。

寅さんしか知らず、寅さんしか愛していない私に渥美清という男の本当の魅力を教えてくれた本。寅さん以前の責めの芝居観てみたい。もっと好きになりそう。

約2年前