3113m3gxvql

おいしいものは美しい。日本の「お料理する」「食べる」を知る、32の話。 続き

コメント

その他のコメント

買いました。画像ではちょっと半減していますが、装丁がとてもいいので本屋さんで探して欲しい。
ごはんを大切にすることは、自分を大切にすること。
少しずつ読んでます。

読者

Dcc15505 1ec5 4fe6 beff 96b73e1bc6b7F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd50d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc1E5eb2b77 c533 47fb b898 9495d1381194Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4 5人

土井善晴の本

祝いの料理

祝いの料理

Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db45

Reina Takahashi

岩手に里帰り転職しました

便利な道具もいろいろあるし、作らなくても簡単に手に入る。 でも、そういうの使わないで、あえて時間をかけて作る価値がここに示されている。 実際に作ってみても、その過程も出来上がりも、全てがありがたく感じる。 昔、私の町にあった料理屋さんのお母さんが、時間があれば美味しいものは作れますよ。皆さんには時間が無いだけです。って言ってたのを思い出す。

2年前

9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f459bd25c2 59c7 47f1 a843 0c7221a7eab1