51fhb67p9ql

コメント

みんなで、おおきなかぶをぬくお話。かぶ好きも、そうでない人も1度は読んでみてほしい。

この絵本、読んだ気がします!表紙に見覚えあり!
みんなでなにかをひっぱる、とか、そんな話、あちこちにあるよね。
みんな、手が離れなくなってくっついて長い列になる、とかさ。

幼稚園や小学一年生のとき読みました。
この絵も、お話も、なぜか忘れられない。忘れちゃうお話も多いのにね? ちなみにカブ好きです

幼稚園の頃、みんなでこの劇をやったのが記憶に残っている。ロシアの絵本?なのですね。

子供が小さい頃読んであげましたが、イマイチ喜ばなかった。私的にはホーっと思ったんだけど、もしかしたら大人向けかも?

引っこ抜くという快感。千と千尋の自転車ズルズルードバーに匹敵。つまらない時は、なにかを引っこ抜くと良い。

読者

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991B5d2ad86 6061 49c2 a83c c784e653354fB2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b70f57de70 272b 416d 9887 8654e83c6163581aa174 8276 4f0a a2ae 001b98052e853a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43014253d4 6080 4951 9119 24735184a696C7752b11 13b0 49a5 8103 0a9afce0046c 10人

新刊

大人になっても敏感で傷つきやすいあなたへの19の処方箋

大人になっても敏感で傷つきやすいあなたへの19の処方箋

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

自分は発達障害(=アスペルガー症候群=自閉症スペクトラム)であると共に、HSP(Highly Sensistive Person=敏感な気質)にも悩まされている。大人になれば感情に強くなる、乗り越えれば性格変わって良くなる、という根性論も根深い。しかしその逆も1/5でおり、自分の例ではブロックによる縁切りは、抵抗もできないし傷の止血にも相当時間がかかる(最悪訴訟も考える事がある)。爆発音にも敏感だし(根性で乗り越えられないものだった)、何かと敏感で苦しむことも多いのだ。その意味で発達障害+HSPというというところで、肉付される特性に向き合う本であった。本書によって、マイペース、逃げ道作り、その療法などが重要とわかった。また本書は、HSPと向き合っている人間がいる管理者にも読んで頂きたい。

約18時間前