516bqk6m91l

コメント

マンガの短編集。ドラえもんのタケコプターが出てくる短編。タケコプターが使える世界で少女がタケコプターで空を飛び飼い犬を探すが、どうやらタケコプターが使えなくなる年齢に差しかかっているらしく少女も飛べなくなる「俯瞰少女」。職場がなくなるとお父さんが家族に報告する場面からはじまる家族劇。家族それぞれが何かしらの不満や問題を抱えていて、話のはじまりの方ではそれでも家族っぽくまとまろうとするけれども個々の生き方が家族の形を変えていく「ファミリー・アフェア」など、この本に収録されている短編は静かなものばかりですか、普通の世界の中にも少し面白かったり昨日と違うことがあるんだということをそっと教えてくれる、ということを感じる短編集です。

読者

D365278f d970 46fb 874d bcb688015e36E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

衿沢世衣子の本

うちのクラスの女子がヤバい(1)

うちのクラスの女子がヤバい(1)

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

イライラすると指先がタコの足に変化する。寝ているときに観ている夢に出てくるものが空に浮かび上がる。など(マンガの中の設定ですが)あまり実用的には役に立ちそうにない超能力「無用力」を持った高校生の女の子たちの物語。女子と男子のやり取りの間に超能力、無用力が絡んでくるという設定がユニークです。無用力の意味のなさに力が抜けたり、その力のおかげで予想外の展開になることもあり。

約3年前

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f780e5628 1721 4c2e 9972 d1f2c2d936aeIcon user placeholder