41kifzdtp0l

『大人になったら、着たい服』で人気の鵜飼弘子さんのコーディネート本。73歳の今もおしゃれな著者の魅力を解説。 続き

コメント

素敵な人。それはお洋服の着こなしとか佇まいとか、外側から溢れ出る魅力ももちろんだけど、内面の輝きもとっても大切。
こういう大人になりたくて、ついつい背伸びしちゃうけど、まずは今のわたしに似合うわたしらしさを身につけなくちゃ。

その他のコメント

読者

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e10d306957 5b49 4253 b7b2 0007a4a8d6872e4da305 9c2b 4a70 90ce bf14b1cb085dE0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c86ae103ed 10b7 44a6 b4fa 117d402694bc40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf6528903a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f433a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51 9人

暮らし

シネマ食堂

シネマ食堂

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/4/22読了 食事のシーンが印象に残っている映画は何本もあるけれど、そのうちのかなりの確率で飯島さんがフードコーディネーターをやっている気がする。この本を見ながら、またあの映画が観たいなと思ったり、まだ観たことのない映画のタイトルに、次はこれを観ようと思ったり。楽しみが増えていく幸せな本。

2日前

E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419093bed27aa 14e5 4ef0 a9f2 e20ef264c7920ff73a45 e921 40b1 bf48 d454f369ed17