51g0cawc2ql

コメント

大切な人の死を通して、わかる事って沢山ある。
そんな事を改めて考えさせられました。
現代でこういう家族の姿って多い中で、吉子のちょっとだけぶっ飛んだ性格が好きでした。
この本みたいに、顔には悲しみが出てない人達ってきっと多いんだろうし、人を失った悲しみを実感するときは人それぞれなんだろうなぁと思いました。

身近な人の死って、そんなに神聖で深遠なものじゃない。欲望や人の本性が知れる、生々しい場なんだ。ということに気づかされる。

読者

Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69653faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb85885c24291 c4b4 4b87 8d57 b9672f2a95f0 5人

文芸

数字を一つ思い浮かべろ

数字を一つ思い浮かべろ

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378

REO

趣味:読書、カメラ

本の雑誌で見つけて何気なく読んだ、久しぶりの本格ミステリー。メチャクチャ面白くて一気読み。 事件の導入から、徐々に明らかになっていく感じ…そうだったのか!ってなって楽しかった〜!

約23時間前

ifの迷宮

ifの迷宮

Icon user placeholder

tonji

jiji

進展が遅くて、半分で投げ出す。 この作家はウンチクが多すぎ!

1日前

絶叫城殺人事件

絶叫城殺人事件

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

有栖川先生(実在)のこだわりのお陰で、目次開けただけで惚れ惚れする短編集。真相が悲しい事件が多いかも。惨めな悲しさではなくて、どこか綺麗なんだけど。月宮殿のFaxのシーンがすごくどきどきしてすき。月明かりの中、有栖川先生がひとり月宮殿を見に行く情景が綺麗です。

2日前

B1af3c18 b6d4 4350 8e97 2d5137b6b5fb05869e97 438c 425a a124 54c865af4a1f