9784334912925

コメント

なんかう〜んって感じ

子供の頃に会った〝おじさん〟のトランクを手に入れた主人公は 舞台のために トランクの中身を調べておじさんの正体を調べ歩くことにした
少しずつわかってきたことが 自分の過去へと繋がり 舞台は成功を収めた

いろいろ調べるって なんだかちょっと楽しそう

読者

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

芦辺拓の本

奇譚を売る店

奇譚を売る店

D5f29d4b 22fd 4ed4 b64d 631bfe60b2fc

kantaroh

ブルーにこんがらがって

夕暮れどき、理由もなく物哀しく、何処と無く恐ろしいあのひとときを想起させる物語たち。 そうだ、逢う魔が時みたいな本だ。 また買ってしまった。 6遍からなる物語は全てこのひと言と古本屋からスタートする。 6つの虚構がいつしか現実を侵食し始め、 現実が知らず知らずに融解している。 つくづく奇妙な本だったな、しかし。 さてと次はどんな本を読もうかな。 古本屋ではなく、専らネットで本を買うぼくは、今日もカートに本を放り込み、いつしかこんなことを呟くようになった。 また買ってしまった。 あれ、これってどこかで聴いたような言葉だな...

3か月前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8Icon user placeholder 17