41dwnjq5dxl

唯一の味方だった破天荒な祖母を亡くした、七歳の少女エルサ。遺言にしたがって祖母の謝罪の手紙を持ちさまざまな人々を訪ねるうちに、エルサは知らなかった祖母の姿... 続き

コメント

お婆ちゃんの、おとぎ話はじっくり読まなければならなかったし、疑ってかからねばならなかったのだろう。視線は常に7歳の女の子から見た世界だった。シニカルで、斜め下から見上げる目線は時に悲しくて逞しかった。こんなお婆ちゃんいたら、うーん困っただろうな。最高すぎて。バックボーンが日本と違うので、その辺は調節しながら読みました。愛がいっぱいだ。

主人公は七歳の女の子。一言で言うとこまっしゃくれたガキ、という感じで友達はエキセントリックな祖母だけ。その祖母が亡くなってしまい彼女にいろんな人に謝罪の手紙を届けてほしい、と言い残す。祖母の遺言を果たしていくうちに折り合いの悪かった周囲の人達の過去の繋がりが見えてきて、という話。こう書くとよくある感動ものみたいな印象なのだがそこはかなりひねってあって、こう来たか!という感じ。亡くなった祖母が元外科医で世界中の戦争や災害地帯で活躍してきた人で年老いてからもかなり破天荒だった、という設定。祖母の過去と周囲の人たちの繋がりが明らかになっていく中で、主人公が手紙を通じて交流していくことでじょじょに成長していく描写が素晴らしい。主人公と祖母が二人で作っていたおとぎ話が実は現実の暗喩になっていて、という重要なパーツなのだけどファンタジー系が苦手なので個人的にはその部分だけは読みにくかった。全体的にはかなり面白く万人におすすめできる作品だとは思いました。

読者

Fd66c2b1 2c02 46f2 acf5 d96effd4729eF67b0337 3c76 482d 8900 cd853b96052c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad44e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1ccIcon user placeholder43b3c393 6a77 4643 ad8d 98f6b1ed5c7eIcon user placeholderIcon user placeholder 22人

文芸

30センチの冒険

30センチの冒険

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学4年 理系

短い話の中に、沢山のファンタジー要素を詰め込んだ、ライトな冒険譚でした。失われた記憶を探す主人公が、30センチ定規を携えて、戸惑い、喜怒哀楽を仲間と共にしながらも"大地の秩序"を取り戻す旅に出ます。物語自体は児童文学のようにさくさく進むのですが、舞台となる異世界の一つ一つの設定が奇想天外で、ともすれば夢心地になりながら読み進めることが出来ました。日常に疲れて、主人公のようにバスに乗って終電まで寝過ごしてみたら、別の世界に迷い込んでしまえるのかなーと、ちょっとだけ想像してしまいました。

約10時間前

ギケイキ: 千年の流転

ギケイキ: 千年の流転

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

くすっと笑ってしまうような台詞、おいおい!と、突っ込みたくなるような、展開。しかし、途中で断念してしまいました。違う町田さんの本を読んでから、再チャレンジします。

1日前

9caf742c 2836 4270 9538 d4a9b6538b1625e97c3b 9446 4a0c b95f a76c11981f9fC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 31
星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037

sa kana

電子よりも紙派です

楽園のカンヴァスやジヴェルニーの食卓のように、知的好奇心をくすぐる作品ではないが、母や妻、娘、キャリアウーマンなど様々な立場の女性たちを静かに表現した作品。 個人的には『長良川』がとても良かった。喪くした夫を愛し、愛された記憶が蘇る場面は、涙なしでは読むことが出来なかった。

1日前

9439133a 8bb8 4e2b af22 399e5cfd116a34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 42