51ftscplcxl

コメント

なんか日記のような日記をラジオパーソナリティーが読んでたりするような話だった。
頭の中に何人かの自分がいるのはなんとなく解る、私はまだ若いのかなんなのか、ちょっと暗いと感じる部分もあったんだけど、もう少し何かを経験して読むと丁度いいのかな。

その他のコメント

なんだか自分の母と重ねてしまいました。

終始方言で書かれているため読みにくさはあるが、方言だからこそ飾らない作者の感情が直に伝わってきました。

自分の人生どうなのかな?と、また親との関係はどうかな?と、ふと自分に問いかけたくなりました。

若い人が読んでも良し。
親世代が読んでも良し。
御年配が読んでも良し。

方言で語る自分の心の中のおら。

読者

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bDfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e58b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d66743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc119cf921 965c 473f 98f3 ac148799c4e2151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2418817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe 21人

文芸

テーラー伊三郎

テーラー伊三郎

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破…

2019/3/25読了 「人の顔色を見るな。人とくらべるな。意見を飲み込むな。自分の人生は、自分以外のだれにもゆだねるな」(p59) アクアが、伊三郎さんのお店に通うために、つけられた条件。とても強く響いた。 ゆっくり寂れていく地方都市で、閉塞感を感じながら生きてる17歳のアクアには、伊三郎さんが作った完璧なコール・バレネは、自分を取り巻く窮屈な日々に最初の風穴を開けてくれたきっかけだった。 そして、もう人生の大半を過ぎた伊三郎さんにとっても、アクアとの出会いはかけがえのないものになった。 二人の出会いを軸に、どんどん仲間が増えて世界観が広がって、より大きな物語を紡いでいくのが自然で楽しい。登場人物の中で、それほど出番は多くないアクアの担任が、意外と良い味のキャラクターで好きだった。

約10時間前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1131a4c5338 9ae7 4aff 9faa ae2cb299b1c0
てらこや青義堂 師匠、走る

てらこや青義堂 師匠、走る

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

元隠密の寺子屋の師匠と、食わせ者ばかりの子供達が精一杯頑張る話です。しかし、それが本当に本格的でびっくりです。これからどんな事件に巻き込まれていくのでしょうか。楽しみです。

約11時間前

花埋み

花埋み

F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af1

apple

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

日本最初の女医になった荻野吟子の話。女医になる為に苦難を経て道を切り開く。人生後期にキャリアよりも嫌悪していたロマンスの為に人生を人の流れに任せるところが興味深い。

1日前