51ftscplcxl

コメント

まだ読んでいる途中ですが、この小説は主人公の女性が読者に自分のことや人生などについて告白を行う小説なのかなと。最初の方は民話を聴かされているような感じで、内容に興味はあるけれども衝撃、分かりやすいことがなかなか出てこないからこの小説のめり込むのが難しいよなと思って読んでいましたが、主人公がおれおれ詐欺に引っ掛かったことや、旦那さんとどう出合ったのかとか、娘さんとあまり上手くいってない状態などを僕たち読者に告白しているんだという小説のスタイルをつかむと内容がするする入ってきてなるほどなー、と。皆色々あるよなと。主人公が語るお話、聴いてあげて下さい。

その他のコメント

なんか日記のような日記をラジオパーソナリティーが読んでたりするような話だった。
頭の中に何人かの自分がいるのはなんとなく解る、私はまだ若いのかなんなのか、ちょっと暗いと感じる部分もあったんだけど、もう少し何かを経験して読むと丁度いいのかな。

なんだか自分の母と重ねてしまいました。

終始方言で書かれているため読みにくさはあるが、方言だからこそ飾らない作者の感情が直に伝わってきました。

自分の人生どうなのかな?と、また親との関係はどうかな?と、ふと自分に問いかけたくなりました。

若い人が読んでも良し。
親世代が読んでも良し。
御年配が読んでも良し。

読者

25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc119cf921 965c 473f 98f3 ac148799c4e2151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2418817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe386d940a 86d7 4f64 8916 9e0d885103aeE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73 17人

文芸

ウズタマ

ウズタマ

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

自分の母親を殺した罪で服役している男、微かに残るその男とのあたたかな日々、父親から渡された預金通帳を見て、その男からのものと直感でわかったとして、自分だったら会いたいと思うだろうか。 ウズタマがちょこんと表紙に収まっている。温まる小説。

38分前

努力しないで作家になる方法

努力しないで作家になる方法

4d2e5b6f 0ce0 491b ba75 83f7e748d8e0

タオ

本は人生の道標

内容は、タイトルとは違って作家デビューまでの苦労を体験させてくれるような作品だった。 読み始めると、主人公の伊留香総一郎に深く感情移入してしまう。 めちゃ良い本だ!

約15時間前