51ftscplcxl

コメント

擬音語や東北弁がたくさんで、特に東北弁にあまりなじみのない自分にはちょっと読みにくいとこも…
でも、東北弁でないと、彼女の語り口でないと、この雰囲気は伝わらないんだろうな。
終わり方がとても良かった。

その他のコメント

なんか日記のような日記をラジオパーソナリティーが読んでたりするような話だった。
頭の中に何人かの自分がいるのはなんとなく解る、私はまだ若いのかなんなのか、ちょっと暗いと感じる部分もあったんだけど、もう少し何かを経験して読むと丁度いいのかな。

なんだか自分の母と重ねてしまいました。

終始方言で書かれているため読みにくさはあるが、方言だからこそ飾らない作者の感情が直に伝わってきました。

自分の人生どうなのかな?と、また親との関係はどうかな?と、ふと自分に問いかけたくなりました。

若い人が読んでも良し。
親世代が読んでも良し。
御年配が読んでも良し。

読者

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eD53ec432 8281 4e7f b88e 48f11d1e6e02Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bDfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e58b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d66743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc119cf921 965c 473f 98f3 ac148799c4e2 23人

文芸

鬼を待つ

鬼を待つ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

弥勒シリーズ第7弾。 清之助のどうしても切れない過去と因縁。 厄介な同心信次郎の推理が切れる。 この2人の関係が渋すぎる。 にしても、信次郎の謎が一つも解けていない。 信次郎の人を人とも思わないあの性格は、一体何処で培われたものなんだろう。 凄腕の清之助の心の揺らぎも心惹かれるが、そろそろ信次郎の心が揺れるところが見たい。 心があればだけれど。あ、でも揺れて欲しくないかな。

約17時間前

サウスポイント

サウスポイント

517fc622 0aed 4f1b bbda 7c4e7f15e699

ヒューガルデン

唯川恵、有川浩、吉本ばななが好き

情景が浮かんでくる。悲しい感じや決して明るくない感じなんだけど、癒される♥️ ハワイ島にいつか行ってみたい。 何度でも読んでしまう

約17時間前

236d22fd 5a4e 437f b69c b44cf57fb7e0197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d72a1a981 a868 4efd 9c2c 3573c35d5ced
負け逃げ

負け逃げ

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0132 2019/08/20読了 田舎の村で暮らす人たちの話。 こういう町での暮らしは本当にこんな感じなのかな。閉塞感を感じているのかなあ。 どの話も好き。 全ての話にちょこちょこ出てきてその後が知れるというか。 みんなそれぞれ幸せになってほしい…。

1日前

コールド・コールド・グラウンド

コールド・コールド・グラウンド

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

ジョニーウォーカーでオフィスの紅茶を景気づけ、コーヒーにはジムビーム。この辺じゃ誰もがウィスキーの川辺にテントを張っている、と嘯く男ショーンダフィ巡査部長を主人公にしたこの小説。 一九八一年、キャリックファーガス=ベルファスト=北アイルランド、という舞台設定からすでに血煙が見えてくる。謎解きに注力するというよりは、アイルランド風現代ノワール小説として正しくダーティーかつ殺伐とした日常が描かれ、ダフィの拘泥した思考と捜査を淡々と追っていく。 この時代のこの場所にあった、或いはそうあり続けた真っ黒な火種のようなものを、ページを繰りながら少しずつ学んでいくことが出来る。教科書的な意味合いもある本作、読んで良かったなと思った。

2日前

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd020481079887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f