51iet7ar3sl

「この世には、おカネを手に入れる方法が6つあります」中学2年生になった僕は突然、奇妙なクラブに放り込まれた-。謎の大男、大富豪の美少女、平凡な「僕」の3人... 続き

コメント

みんな意外と知らないおカネの話。わかりやすく授業・対話形式で教えてくれます。サッチョウさんとビャッコさんがまぶしすぎてそれも面白かった。小説としても面白い。

読者

5f34e3ea f884 4c5f 9be1 f0336fdf7bdaBe2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa36cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dIcon user placeholderFb45b004 f900 4a56 9444 b20d7390d447Icon user placeholder6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1 22人

高井浩章の本

おカネの教室

おカネの教室

2bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d1

yone

気分でなんでも読む

2人の小学生が選んだクラブ活動はお金の教室だった。先生役のオジさんから出される問題は不思議なものばかり。「自分の値段は?」「稼ぐと盗むの違いは?」日常的に使う、平易な言葉からその違いを考えることで、お金の本質に迫る。 経済ってこういうことだったのか、とストンと落ちる一冊。

約2年前