31cggmndikl

あまりにも小さくて、かなしくて、さびしい。でも、泣きたくなるほど、いとおしい。こんなふうでも、人は生きたいものなのだ。淡い人生の味がつまった珠のような短編集。 続き

コメント

読みやすく自然に頭に入る短編が多いのだが、なぜか読み終わった後に物悲しさが残る。物悲しさが記憶に残る。少し寂しいそんな本だった。

読者

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

文芸

グルブ消息不明

グルブ消息不明

Icon user placeholder

leaf..

ミステリー、どんでん返し、感動、…

シュール.地味に今まで読んだ本で一番面白いかも.確かに日本人らしくはない.バカリズム好きな人にはハマるかもしれない?

6分前

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3B9e88f8d a431 4211 98d4 0ad411711708
ジヴェルニーの食卓

ジヴェルニーの食卓

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

印象派の画家4人を題材にした作品です。 「うつくしい墓」では晩年のマティスのもとで働いた女性を、「エトワール」ではドガと14歳の少女との関係性を、「タンギー爺さん」ではセザンヌと画材商のことを、「ジヴェルニーの食卓」では晩年のモネとその娘のことを題材にしています。 全て女性の目線から語られていて、全体的に優しい雰囲気の作品になっていました。しかし、題材は印象派の画家たちなので、内容は「波乱万丈」がピッタリなんじゃないかなと思えるものでした。 私は特に「ジヴェルニーの食卓」が好きで、モネが睡蓮の連作に悩む姿や、家族を大事にする姿勢、また太陽の下で伸び伸びと絵を描くこと…その全てが魅力的でした。多分、モネの絵がもともと好きだったというのも1つの要因ではあると思いますが。 美術史に疎い私には、どこまでが史実でどこからが想像かは曖昧なのですが、さすが本物のキュレーターさんですね…美術への愛が深いということは感じ取れました。印象派の画家たちの絵を、ここまで言葉巧みに表現できる作家さんはなかなかいらっしゃらないと思います。 楽園のカンヴァスとふせて、美術に気軽に触れられる作品になっていると思います。 美術史に興味がない方にも、是非読んでほしいです。

約23時間前

2b38ce49 817b 4cff 8351 d7ae923b1dbdEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e92fc76081 5b5a 4255 b939 5f6c0e7d160c 24