41rwingvy0l

発行元から

名立たる選考委員たちがダントツで支持した“家族小説”
第8回小説現代長編新人賞受賞作!

石田衣良氏「台詞の上手さは出色」
伊集院静氏「安心して読める文章力を備えていた」
角田光代氏「思わず家とは何かを考えさせられた」
杉本章子氏「これほど登場人物の体温を感じた作品はなかった」
花村萬月氏「テンポよく読めたし、とても安定」

「この家に住む」
父が望んだのは、娘と彼氏の狭い同棲部屋。
すれ違って生きてきた“父”と“娘”に心通じ合える日はくるのか?

34歳の彩は「伊藤さん」という男性と暮している。彼はアルバイト生活をする54歳。夏のある日、彩のもとに兄から「お父さんを引き取ってくれないか」との連絡が。同棲中の彩は申し出を拒むが、74歳の父は身の回りの荷物を持って、部屋にやってきてしまった。「伊藤さん」の存在を知り驚く父。だが「この家に住む」と譲らない。その日から六畳と四畳半のボロアパートで3人のぎこちない共同生活が始まった。ところが父にはある重大な秘密が……。

中澤日菜子の本

お父さんと伊藤さん

お父さんと伊藤さん

F7386da8 ed29 45ff a6ae 281069072763

とぉとぉ

ほんにうもれたい

映画が気になって結局見れず、貸してもらった本。 伊藤さんの節々から伝わるエロス。包み込む優しさが嬉しかったり。お父さんの話し方の語尾が可愛い。 最後への展開に驚きが。もう少し大人しい終わり方だと思ったのを裏切る感じ。

約2年前

星球

星球

65234f26 1acf 4b48 8b60 ae7c34f62192

けんじ

32歳の会社員 売れてなくてもい…

帯に恋愛短編集とあるけど 恋愛中心というよりは恋愛を経て動き出すところが読みどころ。

3年前