412wpqh3yal

発行元から

2代目梅若実について能を習い初めた4歳。渡米留学した14歳。厳しい教育を受け、後欧州にも赴く。爾来、古典芸能・文学・美術工芸に造詣を深め美を追究。著者の芸術観の"核"となる能楽論、最初期の「お能」のほか「梅若実聞書」「老木の花」を収録。実践に裏打ちされ平明、簡潔、強靭な筆致で綴ったエッセイ集。

目次

お能(お能のおいたち
お能の見かた
お能を知ること
舞う心
お能の美しさ ほか)
梅若実聞書(一生の出来ごと
稽古のこと
昔の思い出
先代実の話
「翁」について
舞と謡について
芸談さまざま)
老木の花

白洲正子の本

世阿弥―花と幽玄の世界

世阿弥―花と幽玄の世界

558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793

リジチョー。

NPO法人読書普及協会リジチョー…

近代になって寂しくなってしまったものは少なからずあり、それに対して愚痴を云ってもはじまらぬが、そのなかでも異界に対して花を活けなくなってしまったというのは哀しみまで帯びる。 能舞台の正面に松がよく描かれる鏡板は、異界すなわち裏からそれを眺めると、松が『寿』の鏡文字であったことに氣がつく。 今ここに過去や未来はもちろんのこと、異界までも添えられる文化を編み切ったのが世阿弥であった。 秘すれば花。 萎れし花。 の簡素な華やかさのうらには、世阿弥の慟哭がある。 花は咲いたら花でなくなる。 #リジチョー。

10か月前

私の百人一首

私の百人一首

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

知識、教養があると「おもしろい」「なるほどな」と思えるものが世の中に多くなることを実感させられる。 日本の義務教育も、画一的な知識をインプットさせるだけでなく、学ぶ楽しさを紐解いてほしい。

1年前

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfF51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d450592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be