51%2b%2byn7mc8l

きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。別になんの役にも立たないけれど、そのせいで最近、君のこと... 続き

コメント

人の気持ちがどっち向いてるか、自分のほうむいてるかむいてないかってよく見えるから、うんうんわかるなぁって絶賛共感しちまった。

「青くて痛くて脆い」までの住野よる作品の5作の中で、僕が一番好きな作品です。
5人の視点から描かれるため、読み進めるだけ謎が解けてゆき、話が重層的になって行くのがとてもいいです。住野よるさんはミスリードが好きなのだと勝手に思っていて、ヅカと主人公が取り違えるように書かれているところ、ひっかかることがなんだか楽しくもあります。
一人一人のキャラがしっかりと立っていて、キャラクターに愛着がもてます。帯に隠されたQRコードもしっかりと読み取って、おまけも読んで欲しいと思います。

これまでのような、深みが足りないかなと思ってしまう章があったが、最後はよるさんぽかった

色々な特技をもった五人の高校生が、互いの心を察し、通わせたりするお話。若い時に読めばもっと感情移入できたかも。みんないい感じの人ばかりでちょっと出来過ぎかもしれません。

面白かったです。全員の秘密が分かってから要所要所を思い出すと、また見方が変わる。

住野よる の本を読んだのはこの作品で2回目です。
1回目は膵臓 伏線とかしっかりしてて面白かったなあ。

人の心の動きを、それぞれの形で察知する能力を持った5人のお話。心の全てが分かるわけではなく、むしろ知ってしまうことにより逆にもどかしい青春が展開されます。
裏面のQRコードは、先に確認することをオススメします。

タイプの違う仲良し5人組が 悩んだりしながら日々を過ごしてる青春話

高校時代ってこうだよなぁと思いながら読みました
ちょっと不思議な能力を持っているのは便利なのか不便なのか…

青春ってこんな感じだよなぁ。この時期は特殊能力がある。
5人の隠し事を早く知りたくてうずうずしながら読みました。奇抜な設定なのに、学生生活に共感できて、尚且ついいスパイスになってます。

ちょっとファンタジーなんだけれど、こういうもどかしさとか、どうでもいいことで悩んでるなあっていう高校時代らしさが瑞々しく描かれていて、自分が高校生の頃の記憶が呼び覚まされました。

青春小説です。人の喜怒哀楽が見えればいいのにと思う時あるでしょうか
...もし、見えるちからがあったならどうなるだろうか。5人の男女のやさしさと素直さはこのお話の軸。5章それぞれで、一人称視点の勘違いと戸惑いが面白い。
人の心の動きはわかるけど、その気持ちに至る論理まではわからない。自分の気持ちもわからない。不思議なちからをキッカケに、自分にないものを相手に見て、影響されて、心を通わせる。青春って感じです。ちょっとしたトリックもあるのも好き。

人の本質の一部を視れるのだとしても、それをどう処理するかは、またそれぞれで異なるから人の気持ちの本当はわからなくて、面白い、

読者

50b890d3 c680 47f8 8d77 b6d444ca1e6d10be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43f2f0a4e26 e5db 48e8 8a55 7dc592db16fbB1d1c74a 89f9 4e39 895f d9f9e3935fb10ededfe1 e1df 410c 9056 c56f20c8cda165c1fb20 eefe 4f05 a6fd b5ee925d0e5762481a09 fde0 45e3 806c d99a86485986206fbbd1 5dc3 4d3f bfb1 ac68a00057a5 168人

住野よるの本

麦本三歩の好きなもの

麦本三歩の好きなもの

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

特別ポリシーとかはないんだけど、自分の好きなルールで毎日を送っている不思議ちゃんの話。 自分が受け止められないようなことも、しっかり受け止めて、ちゃんと流していけるそこが素晴らしい三歩ちゃん。 住野先生は、こんな女の子本当は好きじゃないのかな? どうだろ? 私も好きじゃないからなぁ。 (一般的にこういう子に嫌いって言うと非難を受ける)まぁ。チョット羨ましいのかな?

約1か月前

10be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43f56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cCff8231f 8d1b 45ff 8575 fb95b63f5242 51
青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

住野よる氏の5作目。大まかにまとめてしまうと 無力なまま理想を追い求めるより、現実に妥協してある程度の成果を得る。これを否定できるか? 与えられたものを取り上げられたからといって、傷ついたと思うのは間違っている。 傷つけられたから、傷つけ返すのも間違いだ。 というところでしょうか。今作は私にはあまり響くところがありませんでした。 序盤にあった、唯一無二のリーダーを永遠に失ったという表現は、終盤になると「?」のような気がします。

7か月前

10be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43fB1d1c74a 89f9 4e39 895f d9f9e3935fb137e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4 190
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787

Ri

31歳。週2冊

序盤からタイトルの意味を説明してくれるが、その後の物語がさらに意味を深めてくれる。原作を読んでから映画を観ると、文書と映像の表現方法の違いを思い知らされる。 P56「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられている。」

約1年前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec 249