51%2b%2byn7mc8l

きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。別になんの役にも立たないけれど、そのせいで最近、君のこと... 続き

コメント

青春小説です。人の喜怒哀楽が見えればいいのにと思う時あるでしょうか
...もし、見えるちからがあったならどうなるだろうか。5人の男女のやさしさと素直さはこのお話の軸。5章それぞれで、一人称視点の勘違いと戸惑いが面白い。
人の心の動きはわかるけど、その気持ちに至る論理まではわからない。自分の気持ちもわからない。不思議なちからをキッカケに、自分にないものを相手に見て、影響されて、心を通わせる。青春って感じです。ちょっとしたトリックもあるのも好き。

その他のコメント

人の気持ちがどっち向いてるか、自分のほうむいてるかむいてないかってよく見えるから、うんうんわかるなぁって絶賛共感しちまった。

これまでのような、深みが足りないかなと思ってしまう章があったが、最後はよるさんぽかった

読者

Icon user placeholder655c7f25 7ac7 4dd6 8c96 008ed7dd3fe8Fbd75f5b fb47 4945 abff 8028535db92eIcon user placeholder14d6a045 f1c6 4188 8053 98d0188c95d3Ef60a77b e2eb 43f5 afa8 3f5e4ff32b7dC2ef75f6 e23f 4d58 ae60 5de72a23daf89908e875 f19d 4b83 9e94 640572b54318 131人

住野よるの本

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

最初の方は失敗したかなぁと思うような ページをめくる速度が上がらない感じでしたが 途中から一気に読めました。 今を大事にしようと思えた小説です。

約2か月前

B7acbf81 6691 4a06 be5b e007b35997aa084030fb 391b 41d0 b24e d1892a9fa8cdIcon user placeholder 38
青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

住野よるさんの作品が好きなので、読みました。これまでの作品に比べてページ数が多く、後半の2人のやりとりに筆者の熱量を感じます。私自身、登場人物と歳が近いこともあり、共感できる点が多々ありました。思いこみやすれ違いで大きく後悔したことがある人は、必読だと思います!個人的には「青くて痛くて脆くて辛い」そんな作品でした。

5か月前

Icon user placeholder243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc5655c7f25 7ac7 4dd6 8c96 008ed7dd3fe8 159
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787

Ri

30歳。週2冊

序盤からタイトルの意味を説明してくれるが、その後の物語がさらに意味を深めてくれる。原作を読んでから映画を観ると、文書と映像の表現方法の違いを思い知らされる。 P56「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられている。」

5か月前

655c7f25 7ac7 4dd6 8c96 008ed7dd3fe8Icon user placeholderIcon user placeholder 204
よるのばけもの

よるのばけもの

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

作者の3作目の本。前作からファンタジー路線になったのでしょうか? 一人の悩みが解決しただけでは周囲は何も変わらないというお話。

1年前

Ed69aca1 9eb6 4ee9 b8fa 1dfa76a1f444Icon user placeholder655c7f25 7ac7 4dd6 8c96 008ed7dd3fe8 151