51dn d3iafl

同僚を巻き添えに、自らも交通事故で死んだ父の罪を背負い、生涯自分に、笑うことも、幸せになることも禁じたおふくろ。いじめの傍観者だった日々の焦りと苦しみを、... 続き

コメント

不可抗力の交通事故から26年償い続けた人の

『ひとをいじめる
ということは。。。。
後から、どげん謝ってもすまんのと違いますか?』

の重み。

許されない事を前提に償う
謝ると償うの違い

母親、友達、家庭の事情、、人間は弱いながらももがき、愛が活力になり生きる。自分のスーパーマンのような母親も1人の人間。弱さと迷いを持っているんだなあ。もちろん。

どの世界にもいるかぁちゃん。。忘れてる?当たり前?観点がそれぞれある。感じるを心で感じたい。

どんな家族も、ただ平和なわけじゃない。でも、いい時もきっとあるよね。

読者

Icon user placeholderB647c086 24c4 4a1f 9371 d12d6bba8f046c9f0df8 4824 4398 82f9 63f68d7f851c145d2701 c751 4869 87b5 b99f8cc0c814677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eB3519491 99d2 4379 b35f df092eeb0358588f1a4e 1289 4838 9061 4a44051119ef 15人

重松清の本

送り火

送り火

Cc841888 d781 4e59 9578 49d990362871

なるぴ

30歳の男です。

たまに思い出すんだけど、重松清の 送り火 って本がすげえ泣けたんだ。短編集で、中でも遊園地で親の写真撮るシーンがあってそれを思い出すたび泣きそうになる。今も。 いつも主人公のことを撮ってくれた両親。普段撮ってばかりだから撮られる側になると写り方も慣れてなくてぎこちないんだけど、でも楽しそうにしていて、写真も忘れてはしゃいでる、そんな姿を目に焼き付ける。 自分だと恥ずかしくて中々…… 時間があるうちに記憶に焼き付けとかないとだめだな。 親とはうまくしゃべれないし変な力が入ってしまう。いつもイライラしてしまう。だけど親に嫌われたいのかといったらそんなことなくて、だからやっぱり親のことは好きなんだと思っている。

約2か月前

533fd91e 903b 4ff6 bc8a fb0fb706323bC8ceef1d b65b 4bc4 ab62 7242670cb8de5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 8
疾走

疾走

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0072 2018/10/19読了 上巻だけでもう人生のどん底…。暗い…重い…。 家族や周りが崩壊して、ついに自分も崩壊したシュウジがこれからどうなっていくのか…下巻を読むのが楽しみだけど怖い…。

5か月前

Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e18b38e142 d5a0 4671 b36a 5286c2c0394aF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 31