Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61t i34mfrl

もりのおくに、おそろしいかいぶつがすむといわれる、ふるいやしきがあった。あるとき、ことりがそのやしきにまよいこんだら、「うわあ、でたー。かいぶつがくいつい... 続き

コメント

怪物になってしまった、絵本です。動物達の絵が可愛くて手に取りました。絵本て、端的にやられちゃいます。「私も気をつけます」って、反省しちゃいました。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

新刊

東の果て、夜へ

東の果て、夜へ

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

タイトルがなんとなくかっこよかったので手にとってみた。主人公は16歳の黒人の少年で叔父がボスの組織が持っている家〜麻薬販売所〜の見張をしている。その家が警察の手入れを受けて潰れてしまったことから替わりに人を殺しに行けと命じられた主人公。ロサンゼルスからウィスコンシンまで足がつかないように車で、他の3人の少年達と旅をするよう命じられて、という話。ロードノベルというジャンルは確かにあって、少年達の成長譚が殆どなわけだがだいたい白人が主人公なので作者は黒人少年を主人公にしたものが描いてみたかったのだそうだ。確かに成長譚ではあるものの内容はダークでラストもほのかな希望が残るのみ…しかしこの続きがすごく気になる。不思議な魅力を持った作品でした。

約5時間前

E126f261 1902 46ff a978 191380fd2b540869a843 e547 4969 aed2 3fd69fc3cff1014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
水底の女

水底の女

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

村上春樹さんのチャンドラー長編翻訳シリーズの最終作。自分はこの作品がけっこう好きで春樹さんも同じだから最後までとっておいたのかな、と勝手に思ってたらそうでもなくて…むしろ微妙だから最後に回したということらしい。チャンドラーがよくやる短編を膨らまして長編に(それで金を二回稼ぐ)した本作は二つの短編をむりやりくっつけたもので春樹さんはそのむりやり具合があまりお気に召さないらしい…。たしかになんとなくくどかったり都合が良過ぎたりする部分があって改めて読むと??というところが目立つけどもチャンドラーの作品はそういうものであってむしろはっとするようなシーンや粋な会話を楽しむもので全体の辻褄とかミステリとしての出来は二の次なのだ...もちろん春樹さんもご承知の上だけど。その意味でこの作品の冒頭部分~依頼人との初対面のシーンとラスト、それに田舎警官の描かれ方が印象深く何度読んでもしびれてしまう。これでもうこのシリーズが終わってしまうと思うと本当に寂しくてならない。チャンドラーの翻訳では清水俊二さんのものが有名でそれらと春樹さんの訳はどう違うかな、と思っていたが本作が一番違うかな、と個人的には思った。

約5時間前