51wthg3jaul

あなたを、助けたい。 学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城の... 続き

コメント

装飾的な表紙と”一気読み必至の著者最高傑作”と銘打った帯に惹かれ購入。
これまで辻村作品は何冊か拝読してきて新作ということに興味もあった。
読むものの心を掴み最後まで離さないストーリー性と世界観、読み終えたら温かい感動に包まれ読んでよかったとそう思えた一作であった。
私自身も中学時代に物語の主人公こころと同じような辛い経験をしてきたため最初から共感する部分が多く、中学時代にこころたちのようにかがみの奥の城に私も行けていたら... 何故か必然とそう思い羨ましくも思えた。
確かに一気読み必至。私も一晩で読了した。
だがゆっくり一章づつ、まるで主人公と自身を重ね合わせるように読むと、よりラストの感動を味わえるのではないかとも思う。
ぜひかがみの孤城の世界を体験してみてください✨

少し自分の話を。

昔から人の顔色を伺ってばかりで、
自己主張が苦手だから、
裏切られたことも多くて。

人が多い場所が苦手になった。
笑い声が苦手になった。
前を向いて歩くことが出来なくなった。
人を信用できなくなった。
好意や肯定に耳を塞いで、
悪意や否定ばかりを拾う毎日。

この物語は、
過去に囚われ縛られ、自分の限界を決めつけていた私を救ってくれた。

過去に流せなかった思いが涙となって溢れ、止まらなかった。

今からでもきっと大丈夫。
過去の自分を抱きしめながら、
私も、誰かの手を強く握れる人でありたい。

ありがとう。辻村先生。

今いる場所が全てじゃない。人間誰しも「孤独」だと感じる時・瞬間があるけれど1人じゃない。誰かが見てくれている。支えてくれている。
そんな気持ちになれた作品。

一気読みではなかったけれど、面白かった!わたしは少しずつじわじわ読みました。
大人の理不尽な感じや、言葉が通じない大人の様子が、すごく細かく描かれていて、小さい頃に感じていた違和感を思い出しました。

クラスメートからいじめに遭い、中学校に通えなくなった「こころ」は、ある日家の鏡に吸い込まれ、気づくとおとぎ話に出てくるようなお城にいた。そこには狼のお面をつけた謎の少女「オオカミさま」、そして同じように中学校に通えなくなった子供達がいた。
なぜこの城は存在するのか、オオカミさまとは何者なのか、彼らはなぜ集められたのか、という謎が明らかになるとともに、伏線が回収されていく爽快感。そして、それぞれの事情で中学校に通うことができなくなった子供達の気持ちと、それでも前を向いて生きるための希望が示されるラストの場面。どれをとっても面白かった。
作品中の「大丈夫だよ」という言葉が本当に温かく響いた。

素晴らしいの一言
最後に向かうにつれて、良い内容に
最後の数章は泣きそうになった
共感を生む一冊

2018/01/23
こころの気持ち、その他の登場人物の気持ちがよく分かった。
私もこんな素敵なお城に行きたい。
素敵な友達を作りたい。

とんでもなく面白かった。
イッキ読みした。
何度も読んで噛み締める本ではないけど。
程よく伏線が散らばってて程よく裏切られ程よく納得し。
辻村深月ってこんなのも書くんですね。

「冷たい校舎の…」や「こどもたちは…」で辻村さんにハマった事を思い出した。
面白い。一気読み必至という帯の言葉通り。
子供、大人関係なく読んでみてほしい。
本から得るものって沢山あるから。
読んで良かったときっと思える、そういう小説。

今、二巡目。

きっとテーマは「闘わなくていい」ということかもしれないが、先に生まれるということはどういうことなのかを考えざるを得ない。辻村さんはどんな経験からこの境地に至ったのか。
継がれる物語。

謎が何重にも仕掛けられていて、分かりやすい謎もあれば、空を突かれて、そうきたか…と思わせるものも。爽快感と救いに満ちた良作。

子供が主人公となる本人は何か引き込まれる要素があるのだろうか。誰もが感じる疎外感、劣等感、それでも強く生きること、友情などいい本でした。

思春期の難しい中学生の男女の心の動きを繊細な心理描写ときめ細やかな人間描写が素晴らしい。そして、その中に織り込まれた伏線がまた秀逸。

仕組みと展開が良く出来ていて面白かった。

謎めいていて少し怖さもあって、でも読んでる人の感情に訴えかけてくるような、そんな辻村さんの作風はさすがだと思いました。

でも、率直に、辻村さんのほかの作品のほうが好きだな、と思いました。

合間を縫って読んでいて物語がぶちぶち切れてしまったなーと思うので、今度ゆっくり時間が取れるときに読んでみたいです。

読者

47ad5ffd 9a13 4dfc bad5 02bb88345c86Dc7a65b6 97a3 4c2e 9d67 20198ce32f0d8f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8b4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af3efd0b9c 28ad 41da 860c 70d565f0cc07Icon user placeholder3524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda83A99dc303 d40f 48f1 900b 8d0a9fb896dd 267人

辻村深月の本

噛みあわない会話と、ある過去について

噛みあわない会話と、ある過去について

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

恐ろしいものを読んでしまった。 装丁の美しさ(書店でひとめぼれ)とは対照的にひたすらエグい。 凄い面白かった!!!これは!! 同じ時を過ごしたのに蘇る記憶は全くの別物、 自分を正当化するために記憶なんて簡単に変わってしまう。 自分の甘美な記憶は誰かの嫌な記憶なのかもしれない。またその逆もしかりで、自分にとって思い出したくもない記憶が誰かの中では今も輝かしくその人を肯定する記憶なのかもしれない。超怖い。 過去への復讐でもあり、これを読んでスカっとするかゾッとするかはその人次第なんだと思う。 またタイトルが秀逸。 「噛みあわない会話と、ある過去について」。短編集なんだけど、全てがこのタイトルにリンクしている。 「パっとしない子」と「早穂とゆかり」が特にぞわっとする。でもちょっとわかる、わかってしまう。こういうの読んでると、ずっと光のあたる所で生きてきた人は無意識に人のこと傷つけてること気づかないし、これからも気づけない。否定するわけじゃなくて、「気づけない。」だからこそその人たちに静かな復讐をするところではぞわぞわする。し、私は少し胸のすく思いがしたのも事実だ。

10日前

3524b838 24b3 4f4d abaf e21b9fdcda830d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6Icon user placeholder 8
青空と逃げる

青空と逃げる

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

窮地に陥った時、それも絶体絶命の時にどうするか。 逃げてというメッセージは多いがそれだけでよいのか? 辻村さんは躊躇なく助けを求めて!という。そしてできれば助けを求める時に、何かしら自分の得意技があれば理想で、なくてもできることをすれば世の中捨てたもんじゃないと。 助けるほうにも、相手が恐縮しすぎないように配慮できれば、いいなぁ。

3か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c652337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f
パッとしない子

パッとしない子

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4

yklsa

最近本を読み始めました。

何気ない一言でも言われた方は傷付くこともあるし、ずっと忘れられず覚えているもの。 一言一言に注意しなければいけないなと感じる。

6か月前

4bc07991 7b8f 4559 b7ae 589ef3a19d26Icon user placeholderIcon user placeholder 19