51wthg3jaul

あなたを、助けたい。 学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城の... 続き

コメント

少し自分の話を。

昔から人の顔色を伺ってばかりで、
自己主張が苦手だから、
裏切られたことも多くて。

人が多い場所が苦手になった。
笑い声が苦手になった。
前を向いて歩くことが出来なくなった。
人を信用できなくなった。
好意や肯定に耳を塞いで、
悪意や否定ばかりを拾う毎日。

この物語は、
過去に囚われ縛られ、自分の限界を決めつけていた私を救ってくれた。

過去に流せなかった思いが涙となって溢れ、止まらなかった。

今からでもきっと大丈夫。
過去の自分を抱きしめながら、
私も、誰かの手を強く握れる人でありたい。

ありがとう。辻村先生。

装飾的な表紙と”一気読み必至の著者最高傑作”と銘打った帯に惹かれ購入。
これまで辻村作品は何冊か拝読してきて新作ということに興味もあった。
読むものの心を掴み最後まで離さないストーリー性と世界観、読み終えたら温かい感動に包まれ読んでよかったとそう思えた一作であった。
私自身も中学時代に物語の主人公こころと同じような辛い経験をしてきたため最初から共感する部分が多く、中学時代にこころたちのようにかがみの奥の城に私も行けていたら... 何故か必然とそう思い羨ましくも思えた。
確かに一気読み必至。私も一晩で読了した。
だがゆっくり一章づつ、まるで主人公と自身を重ね合わせるように読むと、よりラストの感動を味わえるのではないかとも思う。
ぜひかがみの孤城の世界を体験してみてください✨

登場人物の心理描写がとても繊細で、こっちまで心が締め付けられるような感覚でした。
ここまで鳥肌が立った本は初めてです。いろんな本を読んでみたいときっかけになった本でもあります。感謝です。

今いる場所が全てじゃない。人間誰しも「孤独」だと感じる時・瞬間があるけれど1人じゃない。誰かが見てくれている。支えてくれている。
そんな気持ちになれた作品。

何はともあれ「イッキ読み」してしまいました。

当初リアリティのある少々ドロドロかと思っていたが、かがみに吸い込まれると同時に、ん?となってしまいました。

ファンタジー?!とも思いましたが、内容はしっかりとした青春?の物語でした。

登場人物が一気に登場したので覚えられるか不安でしたが、それぞれに特徴があって、すぐ覚えられました。

とあるトリックがかなりいいカラクリになっていました。
時代背景にあった話、歴史を感じる、でもそれらを直接表現しない、そんな表現の数数が大変素晴らしかったです。
心情描写がとても繊細でドキドキしました。

きっとテーマは「闘わなくていい」ということかもしれないが、先に生まれるということはどういうことなのかを考えざるを得ない。辻村さんはどんな経験からこの境地に至ったのか。
継がれる物語。

一気読みではなかったけれど、面白かった!わたしは少しずつじわじわ読みました。
大人の理不尽な感じや、言葉が通じない大人の様子が、すごく細かく描かれていて、小さい頃に感じていた違和感を思い出しました。

私自身が、家庭環境と友人関係に恵まれなくて不登校やフリースクールを見学した経験があるので、途中でかつての自分を思い出して涙ぐんだりもした。
それぞれの記憶の中でQUOカードを知らなかったり、ポケベルを使ってたりしていて、未来や過去の、同じ中学校に通えなかった子だと気づいた。
オオカミさまがリオの亡くなった姉だとすると、もう少しリオを主人公っぽく描いて欲しかった。
こころとリオは、そのうち付き合いそうな気もした。
エピローグで、城の中の記憶は失っても、こうして関係は繋がっていることがとても嬉しかった。
今、不登校の子どもには辛いかもしれないけど読んで欲しい。
現実はいつも側にいるし、変わらないけど、でもこういう夢を見てもいいんじゃないかな。

最近読んだ中で1番面白かった。
物語後半の展開が熱く、最後まで一気に読んでしまった。

小学生の頃学校に来れなくなったあの子は決してイジメにはあってなかったと思う。
なのになぜ?なにが無理なんだろう?と当時不思議に思ったものでした。
私自身は経験ないので知ったようなことは言えませんが何かと戦ってたのは確かなのだと思う。
さまざまな戦い方をこの本で覗いたからかあの子はどうだったのかなと今になってまた思い出しました。

そして今、母になってこの本を読み、中学生の心だけでなく親の気持ちにも共鳴してしまう。
子供のことが分からなくて少しイラついてしまったり、それがまた子どもを萎縮させてしまってこれじゃダメだと自己嫌悪したり。
「大丈夫だから、大人になって。」
これが全てなのですが、それをちゃんと伝えてあげられるのかと大きな課題に思えた本です。

クラスメートからいじめに遭い、中学校に通えなくなった「こころ」は、ある日家の鏡に吸い込まれ、気づくとおとぎ話に出てくるようなお城にいた。そこには狼のお面をつけた謎の少女「オオカミさま」、そして同じように中学校に通えなくなった子供達がいた。
なぜこの城は存在するのか、オオカミさまとは何者なのか、彼らはなぜ集められたのか、という謎が明らかになるとともに、伏線が回収されていく爽快感。そして、それぞれの事情で中学校に通うことができなくなった子供達の気持ちと、それでも前を向いて生きるための希望が示されるラストの場面。どれをとっても面白かった。
作品中の「大丈夫だよ」という言葉が本当に温かく響いた。

それぞれの登場人物がそれぞれの問題を一生懸命必死に向き合って頑張ってる姿が想像できた。
これまで自分が全く経験してこなかった学生生活だったこともあり、人間本当に色々あるんだなと改めて考えさせられた。

最後まで読んでなるほど!と感心し、すべての気持ちが詰まった本でした!

素晴らしいの一言
最後に向かうにつれて、良い内容に
最後の数章は泣きそうになった
共感を生む一冊

2018/01/23
こころの気持ち、その他の登場人物の気持ちがよく分かった。
私もこんな素敵なお城に行きたい。
素敵な友達を作りたい。

読者

D181d416 5cba 483b 89b7 217f90e75a50Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Icon user placeholder0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73bIcon user placeholder3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c 461人

辻村深月の本

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

Ab05e64b 2c48 4225 bbaf 052c49d36ac2

やまき

主婦です。

初めから、終わりまで貫くテーマは「母と、娘。」主人公は実母を殺害して逃げ続けている親友を探す為に友人や関係者に話を聞く。それとともにライターとして赤ちゃんポストの存続について取材を進めるが、その二つが重なった時、事件の切ない理由が白日の下に晒される。私は母に与えてもらった愛情の何分の一かは返せているのだろうか。

約2か月前

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c0530389fd94 457d 45fb 9b5b c974568b150f61ec2bc0 997b 4e41 bfd2 e0819b8cf1b4
噛みあわない会話と、ある過去について

噛みあわない会話と、ある過去について

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

たしかに、噛み合わない会話だ。 多分どんなに言葉を尽くしても、交わる事はない。 「イジメ」とかでは、言い表せないな。人間の性(さが)だけど、人間ならば考えようよ。と思う事柄。 「気がつかない、自覚がない」と言うのは怖い。 傷ついた人達は、思うのだろう。ただ、知ってほしいと。無かったことになっている事実に、気づいて欲しかったと。 発言した人達はスッキリしたかな?しないんじゃないかな?出来れば、関わりたく無いくらい嫌いなはずだから。変な偶然で交わった線は、イヤーな交差点だ。 人は世界中から愛されたりしない。よくよく傲慢にならない事だ。過去も振り返って。。 なんか、お腹の中が重いよ。

約2か月前

3a6edd2c 62c0 48fe b981 4b2c8a4c4baeIcon user placeholderDefe7519 61b9 4b69 a482 9bb656397337 83