51rwkhgkwsl

コメント

"「どうして、ひるは おしまいになって しまうの?」"

問いかけると男の子に、

”「よるが はじめられるようによ。」”

お母さんは優しく答える。

”「ひるは おしまいにはらならないわ。べつのところで また はじまるの。そして、お日さまは、そこを てらすのよ。おしまいに なってしまうものは、なんにもないの。べつのばしょで、べつのかたちで、はじまるだけのことなの」”

「自分もいつか死ぬし、父も母も、誰もが死んでしまうんだ」ということを初めて意識する瞬間、というのが誰にでもある。その瞬間を迎える人の傍らに、この本があればいいのに、と思う。

読者

Eb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac9

シャーロット・ゾロトウの本

あたらしいぼく

あたらしいぼく

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

男の子にはこんな瞬間あるのだろうか?だとしたら、なんて貴くて愛らしいんだろう?2017.9

1年前