51eqz3%2bkcwl

不思議なことが起きる、東京の下町アカシア商店街。殺人事件が起きたラーメン屋の様子を窺っていた若い男の正体が、古本屋の店主と話すうちに次第に明らかになる「紫... 続き

コメント

ラストが少し悲しくてじんわりとなるお話がある人物を通して繋がって、最後の1話は胸があったかくなるような物語。

その他のコメント

最初は不可解な話の集まりだけど、だんだんと街の人々の人柄、繋がりが見えて、流れゆく時代を経て、この街の温かみを感じた。

亡くなった方も、見方によれば恐ろしい存在であるし、天使にもなる。

罪の償いはできないかもしれないけど、誠心誠意の気持ちを伝え続けることは大切。

昭和40年代の商店街を舞台にした7編の連作短編集。

懐かしく温かい昭和の町が生き生きと描かれる中にふと垣間見える切なくて物悲しい物語。
携帯電話もインターネットも無かった時代のゆったりとした時間の流れが人の悲しみをそっと包み込んで、最後にほんのりとした温もりを感じる怪異譚です。

読者

Icon user placeholder87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951fDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d87225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e4888D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810 13人

朱川湊人の本

水銀虫

水銀虫

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858

ぴあーす

2017年以降に読んだ本をストッ…

なんとも言えないこの感覚を具現化する「水銀虫」だけど、不思議とイヤミスっぽくならない風情というか雰囲気を失わないのが、朱川湊人作品の好きなところ。

6日前

スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち

スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

6話からなる連作短編集 東京で働く黒葛原涼が 静岡に住む作家である父親からお土産を頼まれて買いに行った荒川区町良に のちに住むことになって いろんな人と出会い うやむやのまま探偵の真似事をする羽目になる話 持ち込まれる相談事を解決するたびに 知り合いが増えていき いつの間にか自分の周りには人が集まるようになった涼 なんだか傍から見てると楽しそう 最終話のB・Bの正体ははっきりと断言してないけど多分当たりなんだろうな

6か月前

太陽の村

太陽の村

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9

k777

ただのひと

『昔は良かった‥』を、再現した村での暮らし。予想もしない驚きの結末‼️

6か月前

花まんま

花まんま

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

昭和30年頃の日本は、手が届きそうで届かない菓子箱みたいだ。何もかもが雑多で、いい事も悪い事も一緒に起こった。 明確にオチがある訳でもないところに、「語り」のリアルさがある。 大阪が舞台で怪異短編集にすると、なんだか趣が感じられるのは何故だろう。大阪弁が滑稽や哀しみを醸し出すのかな?関西人はセリフの機微を余す事なく読み取ることが出来るんだろうな。羨ましい。

1年前