418g%2bntgy7l

「かたり」は歴史の叙述、詩や小説、劇といったフィクション、神話や口頭伝承にまで及ぶ大きな拡がりをもった重要なテーマである。ヴァインリヒとヤーコブソンを軸に... 続き

コメント

折口信夫は「伝説の研究の表現形式」として『身毒丸』を書いた。その意図とは?〈むか(向)し(方向)〉と〈いま〉との間には反復不可能性がある。〈はなし〉は目前に聞き手の注意を向け、〈かたり〉は当面の問題と無関係なのでと緊張を緩和するというヴァインリヒ『時制論』からの引用。続いてヤコブソンの理論とヴァインリヒの理論との融合。科学の体系も詩の範疇に取り入れられるという著者の意見が述べられた後に、折口は〈かたり〉をめぐる問題状況を先取りしていたと締めくくられる。コミュニケーション態度の問題を扱った本ともいえるかな。

読者

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

文学

舌の記憶

舌の記憶

5c37b4b4 e3ce 4812 94b5 4e7411cda051

いのり

トライポフォビア

幼い頃の朧げな記憶 だけど、食べ物だけは色鮮やか 舌の上で記憶を思い出させる ほんの少し、切なくて寂しくて 泣きたくなるような舌の記憶 個性的な女優の叔母と俳優の叔父 儚げで優しい母との4人暮らし 普通とは少し違う幼少期を過ごした 著者の食べ物を通した思い出の回想録

約3時間前

日本橋檜物町

日本橋檜物町

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

昭和10年代、著者晩年の頃(享年54歳)書かれた画文集。「個性を描出することには興味が持てないのです」という著者が人物を描く時に何を目指していたのか、はっきりと宣言されます。東京美術学校の学生だった頃を中心に上野・浅草・木場などでの思い出が書かれた前半、泉鏡花などとの思い出が書かれた後半に分かれていますが、前半がいい感じです。最初と最後に収められた文章中のそれぞれに鮮烈な情景が、あるものによって見事に響きあっていて、ぞくっとさせられました。

約6時間前

おいしい記憶

おいしい記憶

Icon user placeholder

ひで

とある会社のIT担当者です 釣…

読んでいて、お腹が空くという感じまではいかなかった。珍しい人の文章が読めるので、興味を持って読み進められた。

約12時間前

Icon user placeholder2ac06068 6e11 4f1b bfe1 9bcfd18b6f0f89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e