418g%2bntgy7l

「かたり」は歴史の叙述、詩や小説、劇といったフィクション、神話や口頭伝承にまで及ぶ大きな拡がりをもった重要なテーマである。ヴァインリヒとヤーコブソンを軸に... 続き

コメント

折口信夫は「伝説の研究の表現形式」として『身毒丸』を書いた。その意図とは?〈むか(向)し(方向)〉と〈いま〉との間には反復不可能性がある。〈はなし〉は目前に聞き手の注意を向け、〈かたり〉は当面の問題と無関係なのでと緊張を緩和するというヴァインリヒ『時制論』からの引用。続いてヤコブソンの理論とヴァインリヒの理論との融合。科学の体系も詩の範疇に取り入れられるという著者の意見が述べられた後に、折口は〈かたり〉をめぐる問題状況を先取りしていたと締めくくられる。コミュニケーション態度の問題を扱った本ともいえるかな。

読者

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

文学

死神の浮力

死神の浮力

Dc47a3f7 801d 48b2 b661 c6654d54393b

Joe

Joe

僕の想像の仲では、 山野辺…滝藤賢一 美樹…大塚寧々 千葉…福山雅治 本城…木村拓哉 でした。 難しい描写がなく、淡々と読み進められる本でした。 淡々と読み進められる分、盛り上がりにも欠ける感じがして、残念だった。 千葉が山野辺の復讐に力を貸す理由が、仕事だかやら、以上の何かがあればよかった。

1日前

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1 51
きのうの影踏み

きのうの影踏み

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

まったくのノンフィクションじゃない怪談。 暖かい話もあり。都市伝説のような話もあり。 色んな不思議を盛り込んだ短編集です。 段落の切り方が変わっていて、口伝ての感じなのでしょうか。話を聞いている、たしかにそんな気がしました。

1日前

Icon user placeholderB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a58f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa 9