41fmw bptll

2014年に著者が自費出版し反響を呼んだ同名冊子を中心に、『働けECD〜わたしの育児混沌記』(ミュージックマガジン)後の5年間の日記と散文で構成。震災直後... 続き

コメント

率直な、余計なものを剥ぎ落とした文章。
文章を書くとき、読み手を意識してしまい、格好つけたり、嘘とまではいかないが誇張したり、必要以上に綺麗にしたりしてしまいそうだが、著者の文章にはまるでそのような側面は感じず、その瞬間感じたこと、思ったこと、あったことをそのまま書いているという印象を受ける。それで読み手がどう思っても、それでも私は書かずにおれない、という切迫したものも感じる。

今の時代、SNSで簡単に人の生活を垣間見れて、そこにあふれているのは「幸せ」な家族だったりして、でもそれはどこかよそ行きの家族に見えて、著者の書く「しんどくて」「めんどくさくて」「イライラして」、決して楽しいだけじゃない、辛いことのほうが多いのが、家族であり育児なんだなと納得できた。

著者と私は同じ歳。母親との関係性に悩んでいるところも重なり、共感できるところも多かった。生きるってつらい、しんどい、けど今日も生きてく、ということの繰り返し。
将来、もし子どもを授かることがあったら、またこの本を開いてみたいなと思う。

その他のコメント

前知識なく、装幀からほんわりした読後感かと思って手に取って読み始めたら、とんでもない文章だった。一気読み。確かにこれは植本さんの物語なのだけれど、恐ろしいことにこれは私のことだ、私のことが書かれていると思ってしまった。誰かのことを強く抱きしめたいと思った気がしたけれど、私は誰かに強く抱きしめられたいのだろう。

二重の「かなわない」に揺られている。私もそう。

読者

7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a74d6d95bf e59b 41d6 9c35 95384762fce35fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4Decf1b91 4361 43f0 b176 6b9eeb6410b1D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2 64人

植本一子の本

ホームシック: 生活

ホームシック: 生活

13db1965 8de1 4b92 bf13 8447f946a3f5

yuk

いま読んでる本をアップするよ

石田さんが亡くなってしまった今読むととても平和に思えるけど、これはこれで相当ドタバタだった結婚出産の顛末。記録。

7か月前

540d83f1 f93b 40b0 825c 8b85e7705a66574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdf014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
降伏の記録

降伏の記録

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

日記形式でない独白ともいうべき最終章の「降伏の記録」に圧倒された。つまるところ人と人とは最終的には分かり合えないという諦念を持ちつつもコミニュケーションを取り続け今までの生活を肯定していく姿勢はきっと「幸福の記録」となるであろう。 また「降伏の記録」は本文中に登場する 阿佐ヶ谷の古書店コンコ堂やfuzkueなど同時代を生きる東京西部在住者の2016~2017年の生活を記録した日記文学としても後世に残るような気がする。「クーリンチェ」はBD化されたけどあの時間は映画館でないと味わえないことや2016年後半は「狂う人」だったことなど。

11か月前

98512388 a01d 49e8 9551 05024e554157Icon user placeholder3e0c4efb ff04 497a 8d0a 34dfaede7ec3 21
家族最後の日

家族最後の日

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「かなしくなったらグッドして」「えんにあいたくなったらグッとして。えんもパパに会いたくなったらグッてしてるからね。」小さなこどもが何とか踏ん張りながらけなげにふるまうところで涙腺がゆるむ。家族最後となっているけど新たな形での再生もほのかに感じ取れる。

1年前

5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dc 48