51m4cacbhtl

かのこちゃんは小学1年生の女の子。玄三郎はかのこちゃんの家の年老いた柴犬。マドレーヌ夫人は外国語を話せるアカトラの猫。ゲリラ豪雨が襲ったある日、玄三郎の犬... 続き

コメント

猫たちの織りなす美しい日本語が素敵。
小学校1年生の世界が舞台になっているかと思いきや、猫や犬の視点からも描かれていて、映像化されたものを期待した。
夏祭りのところなんか、ゾクゾクでした。

マドレーヌ夫人と玄三郎さんの静かで思い遣りにあふれた夫婦像が理想。

以前読んでうろ覚えですが、とてもとても素敵な作品だったことだけは覚えています。
ぜひ再読したい一冊です。

不思議で居心地の良い話。自分の智恵がポコンと拓かれたころのもよもよと確定しきらない世界も、こんなふうだったら良いな。いやそうだったに違いない。なにか懐かしい感じだもの

良いなぁ。素敵なお話。

序盤は、女の子と猫のほんわかストーリーかなと思いきや、中盤からマドレーヌ夫人に不思議な力が現れ、万城目ワールドに。
なにかを欠くことで失うことで成長していくんだなぁ。

マドレーヌ夫人と玄三郎の会話がたまらなく好き。
「だって、きみは僕の妻じゃないか」

絵本を読んでいるかのような描写がすてきです。

kindleの中でずっと積ん読? 状態になっていた本。なんの前知識もないまま読み始め、万城目ワールドに惹きこまれました。もっと浸ってみたい。
登場人物? のネーミングセンスもツボでした。

素敵な本みたいですね?読んでみたい本リストに入れま〜す(*^^*)

なんでもない毎日が、本当は特別な毎日なんだって。

子供の頃に気付いていたら…

本当に何でもない日常、しかも、ほんのわずかな期間のお話。

愛する人を想って読んでみてくださいな。

ほっこりしました。小学生が地図を作るシーンも好きです。

読者

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aIcon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c56c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholderF239bf4f e528 43f7 b5f6 1a87afa865f0 36人

万城目学の本

ザ・万遊記

ザ・万遊記

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

万城目氏の、「湯治と(サッカー)観戦」記、「建物探訪愛」記録、そして「北朝鮮観戦」思い出集。 小説と同じく、スペインサッカーのティキ・タカと同様にテンポよいエッセイ。

約1か月前

パーマネント神喜劇

パーマネント神喜劇

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

これぞマキメ・エンターテイメント! 最近の万城目さんの本は、時代モノや古典など、 ちょっと固めな題材が多かったように思うけど、 僕はやっぱりこういうファンタジーが大好き! とある神社でお勤めをしている縁結びの神様のお話。 優しく笑えて、最後に泣ける。 最近涙もろくなっていかんと思うのだけど、 昔はわからなかったようなたくさんの知識や経験をしたから、 感受性が良くなったのだなぁとポジティブにとらえるようにしました✨ 「?」なタイトルのネタバラシの仕方がGOOD!

1年前

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf968b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9Icon user placeholder 15
とっぴんぱらりの風太郎 下 ()

とっぴんぱらりの風太郎 下 ()

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

よかった。人を蹴落としてなんぼな、孤高で孤独な忍びの道。戦で心が荒みきった風太郎が見出した、誰かを救う、という一筋の道。風太郎を導くのが術使いのひょうたんというのも万城目さんらしいトリッキーさ。おしまい、おしまいという意味だけど、続編やらないかなぁ。2017.3

1年前