61i trdnb8l

勝・鳴海・しろがね。運命の輪が動き出す! 人形使いにつけ狙われる少年・才賀勝は、偶然居合わせた加藤鳴海に救われる。一時は引いた人形使いたちだったが、... 続き

コメント

さあ、始まる。長い、長い冒険譚。遂に文庫化。
幾度も心を震わせ、そして奮わされてきたあの記憶。鳴海、勝、しろがね、そして数多くの光も影も濃く際立つ登場人物と人形たち。
歳を重ね、白髪も増えた。だけど、僕はきっと涙だって流し、そして、たくさん笑うことだろう。

既に次巻が待ち遠しい。

読者

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

藤田和日郎の本

うしおととら(33)

うしおととら(33)

Ad681bd1 473e 4ac9 8c08 f079ff280c98

okauni

スポーツクラブ勤務のおいちゃんで…

膨らませた物語と伏線をものの見事に回収し素晴らしいラストを見せてくれる傑作漫画。 オススメです^_^

2年前