418oluw3mrl

夫の名は武辜歩、妻の名は妻利愛子。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う都会の若夫婦が、田舎にやってきたところから物語は始まる。背中に大きな鳥のタトゥーが... 続き

コメント

繊細なのに図太い
優しいのに厳しい
柔軟なのに強硬
薄い壁のアパートでは大きな声で
森の中の大きな家では声をあげずに
不安定だから深まって強まる愛がある
こんな風にお互いを求め合える関係が羨ましい。

その他のコメント

初めて読んだ西加奈子作品。ツマとムコのやりとりがすごく好き。儚い二人が寄り添って生きて行く姿がなんとも沁みます。

読者

43a8ebab 3fdc 430e a11a d82d8e82047a677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6A9a2506b ab4a 4e8e 8877 8928df274ee8F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholderIcon user placeholderD75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3Icon user placeholder 85人

西加奈子の本

おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

5か月前

F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37e53aeda8b 256f 4a32 8dd7 8e9f659b34f2Cba3559f 2040 495e 911b 953916d3cd38 55
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

5か月前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74
サラバ! 下

サラバ! 下

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

一気に読めました。 楽しかったし、興味もそそられた。 ただ、上中下とも表装が好きじゃない。 物語は良かったよ。

6か月前

Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholder 57