41awgk9v1sl

どうか女の子の霊が現れますように。おばさんとその子が、会えますように。交通事故で亡くした子を待ちわびる母の願いは祈りになった――。辻村深月が”怖くて好きな... 続き

コメント

プチファンタジックホラーの短編集。「世にも奇妙な物語」で映像化してほしい感じ。

まったくのノンフィクションじゃない怪談。
暖かい話もあり。都市伝説のような話もあり。
色んな不思議を盛り込んだ短編集です。
段落の切り方が変わっていて、口伝ての感じなのでしょうか。話を聞いている、たしかにそんな気がしました。

どこまでが作り物なのか、読んでてわからなくなる不思議な体験をさせてもらいました。こわいけど、こわいんだけど、ついつい引き込まれてページをめくってて、最後に心を揺さぶられました。やられたって思った。

あとから思い返すと怖い

読者

89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cE209f0f8 0522 43ad 8158 61720099e4b64c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b556a03690 63b8 4975 853f fac13092849bE9e1e1d4 8e15 4321 8b86 0f221baa5badA163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f857da07e5 e865 47c6 83e6 f94ccd64ed1e733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac 18人

辻村深月の本

傲慢と善良

傲慢と善良

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

長編恋愛小説。 結婚に向けて順風満帆だと思っていた主人公の架(かける)だったが、ある日前触れなく婚約者の真実(まみ)が姿を消す。 彼は真実が過去にストーカーにあっていたと言っていた事を思い出し、「真実は攫われたのではないか」と考える。架は真実を探すため、彼女の過去を辿り始める。 といったあらすじ。 今作で何度も語られるのはタイトルにもなっている「傲慢さ」と「善良さ」だ。誰もが内心に抱える自己愛の強さと、決して悪意ではない善意がもたらした結果。登場人物たちがそれらを思い知らされる度、何度も心を抉られるような気がした。 人間のどうしようもない所を描きつつ、それでも前に進める力も示してくれる。私にとってこの作品はそういうものだ。 ちなみに、今作は辻村深月さんのデビュー15周年企画の一環とのこと。おめでとうございます。これからも応援してます。

3か月前

62f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b457576bcd2a4 a2b4 489e bd45 1cef790d845fA12aa876 bede 4f3d a001 9acab97c7178 20
きのうの影踏み

きのうの影踏み

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

ホラーだと知らずに買って読みました(笑) 辻村先生の作品に興味があって、何か一冊ないだろうかと探していたら、唯一一冊だけ題名を知ってるものがあり、それがこれだったわけですが。 感想としては、「怖い」この一言に尽きます。もともとホラー耐性はあまり無いのですが、どの話もぞくりとさせる。きっとその感覚が好きな人にとっては最高の一冊であると思います。 個人的に特に怖かったのは、作家の話とナマハゲの話ですかね。展開がある程度予想できたとしても、読者に怖いと感じさせることが出来る素晴らしい文章力も圧巻でした。他の作品も是非読みたいです。

5か月前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779C97fab0d 3d70 4907 bfa7 4742efa3d21f1bce5f43 b0b4 4cd0 a850 51f6ad653f62 10