51gwave38al

おなかがすいたら料理をつくり、あとかたづけに、へやのそうじ、退屈すれば話し相手に。なんでもできるロボットを連れて離れ島の別荘に出かけたお金持ちのエヌ氏。だ... 続き

コメント

読み終わると謙虚に生きようと毎回決意します。

ホント読みやすい。ショートショートだし、普段本読まない人に読んでほしい。

3ページくらいで終わる。漫画のよう。
ト●レで踏ん張りながら読む

読者

6540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d55B6a065d2 1712 4309 8acc b16077f6e90e0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6Icon user placeholderAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141Icon user placeholderB0f12211 6ac9 4ef0 85c5 312890905643Fbe2c892 873b 4ade b81e 21b2e23ddb69 24人

星新一の本

夜のかくれんぼ

夜のかくれんぼ

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0

菜奈

生きてるうちに出来るだけ多くの本…

星新一はどの物語も本当に面白いけど、特に好きなのがこれ。相変わらずな星新一の世界観が好き。

2か月前

21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Aaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd
おみそれ社会

おみそれ社会

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

昭和45年刊行だけど、内容は今でも通ずるものがあるというか、まさに今これなのではという感じ。 短編はどれも面白かったけど、今の世の中に置き換えるとまったく笑えない。

11か月前