51lnllk%2b%2bml

コメント

4/30

いろんな視点から、ひとつの話を進めるのは面白い
主人公(?)がすごく痛かった

読者

58845350 eb48 41f9 af0d d72e4c83e17cCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778

梨屋アリエの本

空色の地図

空色の地図

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

中学三年生の時に、突然、8歳の夏休みの自分からの手紙が届く。それは間違いなく自分の字で、過去に書いたはずのものなのに、なんだかよく思い出せない。忘れ去られていた過去と今を少しずつ繋いでいく。変わってしまったこと、変わらないこと。変わったことにすら気がつかないまま、消え去ろうとしていたものたち。本当はこう思っているんじゃないかと勝手に想像して、勝手に決めつけて、勝手に結論を出しているのに、勝手に傷つく。10代ってそんな時代だったよなあ。

約2年前