51tx9zl%2bu7l

どうして恋に落ちたとき、人はそれを恋だと分かるのだろう。三角関係、同性愛、片想い、禁断の愛…言葉でいくら定義しても、この地球上にどれひとつとして同じ関係性... 続き

コメント

人は生まれながらにして、恋を恋だと知っている
背表紙のこの言葉に吸い寄せられて。

正解不正解がないものだからこそ、人は恋というやつに翻弄されるんだろうね。

何度も何度も繰り返し読んだけど、その度に新しい何かを発見できる物語です。それぞれの人たちが、とても弱くて、強くて、何度でも会いたくなる。

いろいろなカタチの恋愛を11篇。恋を恋だと知っているからこそ、自分の気持ちを感じながら読み進められるのかなぁ。
個人的には『春太の毎日』がかわいくて好きですが、本当にいろんな要素からの恋愛模様を描いているので、どの作品も楽しむことができる一冊です。

「恋」をあらゆる視点から描いたような一冊。解説で中村うさぎさんが言っているようにこの本の共通テーマは「秘密」なんだろうな。「恋」を読んでいる感覚というよりは「恋」という秘密をのぞいた感覚でドキドキした。電車の中で読んでいるとあっという間に時間が過ぎた。また読み返したい。

まずタイトルに惹かれました。ポラリスは北極星。北極星は常に私たちを一定の方角に導いてくれる。きみはポラリス。迷ってしまった時は"きみ"を目印に歩みを進めて行けば、きっと大丈夫。そう言っているような気がしました。
そして読み終わった後、なるほどなと。"きみ"は人それぞれ違う。"きみ"がどんな人/物/事であれ、"ポラリス"になり得るんだと、少し勇気を貰えました。
僕は春太の毎日、好きでした。

短編集にはまったきっかけの本。三浦さんの言葉はあったかい◎
背表紙の絵もステキ✨

風が強く吹いている、で好きになった三浦しをんだけど、これもすごく良い本だった

愛って深いなあ。いつかわたしも「愛してる」て気持ちに気づく日が来るのであろうか。

恋愛短編集。一人の作家が書いたと思えないくらいタイプの違う恋愛が詰まってて、次はどんなだと楽しく読み進められる。

あとがきが中村うさぎさんなのもまた良い。

様々な形の「恋」。
私達は周りを気にしながら生きなければいけないけれど、恋愛ぐらいは計算もなしに、一目もはばからず自由でいいのではないか、と思いました。
短編集は苦手ですが、この本は大好きです。

すーっと染み込んでくる文章。「セックスするか否かは、結局は性別で決まるのか。だとしたら、一緒にいて楽しいと思う気持ちや過ごした時間にはなんの意味があるのだろうか。」この文章がすごくしっくりきて、確かになぁと思った。短編それぞれの終わり方も、人間の生活と同じようにこれからも続いていくような終わり方で、なんだか新鮮だった。

同じ作者とは思えないくらい色々な形の作品集でした。よかったです。

長編が好きならその小説が好きなんだろうし、短編が好きならその作家が好きなんだと思う。初三浦しをんさんにして、こちらは後者。

恋愛小説のなかで一番好きなもの。何度も何度も読み返してしまう。

愛は人を弱くし、強くする。人によって愛のかたちが違うから色んな視点の愛に驚かされる。

こういう本を一カ月に一冊は読むようにしたい

表紙に惹かれて買った
いろんな恋のかたちが描かれている
短編集って好きだ

読者

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2Icon user placeholder4aa9b480 8c0a 4c2e 8b16 c200e0f8f3dcB9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fB36d6d06 dc3b 4e44 8ca4 73b8eb6c2c4b6fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d73e339fc8 14c1 4e27 9a5d 5046ee43dea3Icon user placeholder 189人

三浦しをんの本

極め道―爆裂エッセイ

極め道―爆裂エッセイ

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

たまに読みます

2018/06/01読了 2000年頃のエッセイだけど、今読んでも面白い。本に出てくる漫画とか小説を読んで見たくなった。そしてまたこのエッセイを読み直して答え合わせしたい。 ボイルドエッグの人たちはみんなこういう文体なのかな?今のボイルドエッグのエッセイ読んでてもこんな感じ。

約1か月前

天上の飲み物

天上の飲み物

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

kindleで99円だったので購入。 実にサクっと読めた。 会社から自宅最寄り駅まで(20分弱)で充分読み終わるという短編。でも、電子ってコアユーザーを除けばこのくらい短い書籍が求められているんだろうな。読みやすくて手が出しやすい。 ヴァンパイアが「日本の甲州ワインにハマっている」というのはちょっと笑った。 サクっと読めるけど、心にグサっときたりじんわりしたりも。とりあえずワイン飲みたくなる。それも赤ワインを。よし、飲むか。

6か月前

Icon user placeholderDb368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba
舟を編む(上)

舟を編む(上)

32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66

Yui Hiroi

雑食読み。

上下巻。 本も、コンパクトにでっかい話が収まっていて好きだけど イメージしてた絵で読めるのが嬉しい。 うまいことコミカライズされてて面白かった。

8か月前

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

9か月前

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 9